老人の過去の記憶を巡る名作アドベンチャー『To the Moon』がスイッチに。2019年夏に配信予定

 中国のゲームメーカーであるX.D. Networkは、Nintendo Switch版『To the Moon』を2019年夏に配信すると発表した。 

 『To the Moon』は、カナダを拠点とするゲームデベロッパーFreebird Gamesが開発したアドベンチャーゲーム。2011年にPCで発売されたタイトルであり、続編となる『Finding Paradise』が2017年12月に同じくPC向けに展開されている。

 『To the Moon』の主人公は、シグムント・エージェンシーという企業に勤める科学者のふたり。彼らはジョニーという老人の「月へ行きたい」という願いを叶えるため、海辺にある家へと向かう。ただし、すでに老人は昏睡状態になっている。科学者のふたりは老人の記憶に潜り込み、最後の希望を叶えるため彼の過去を追体験することになる。

(画像はSteam | To the Moonより)

 本作のオリジナル版はRPGツクールXPで制作されているが(Nintendo Switch版はUnityで作られている)、ゲームシステムはふつうのアドベンチャーゲームだと考えていいだろう。過去の出来事の中で記憶を集め、時にはさまざまなパズルを解く。そうすることによって老人の記憶が掘り起こされ、真相にたどり着けるようになっていく。

 昏睡状態の老人の記憶を巡るという言葉だけでわかるように、本作は人の生死が描かれるということもあり劇的な、平たく言えば泣けるゲームである。しかしながら感動できるだけのゲームではなく、哲学的な問題にも踏み込もうとしている挑戦的な作品とも言えるだろう。

(画像はSteam:To the Moonより)

 なお、Nintendo Switch版『To the Moon』は現在海外向けにアナウンスされているが、日本国内向けとなるX.D. Network公式Twitterアカウントでもその告知がリツイートされている。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

『Detroit: Become Human』は日本のアドベンチャーゲームの文法に興味がない──イシイジロウ氏が感じた葛藤と、自身の限界

爆弾AI教育アドベンチャーゲーム『リトルボムガール』がiOSとAndroidで配信開始。少女型の爆弾を育成せよ

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧