『ドラゴンクエストXI S』追加DLCでボイスドラマが配信決定。ZRボタンでダッシュや、3DS版の過去作クエストもしっかり搭載

 スクウェア・エニックスは、「いれちゃん!S ~ドラゴンクエストXI S公式生放送~ 新情報おさらい&ボイスキャスト発表 #2」にて、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』のキャスト情報、新要素を公開した。

 まずこれまでの生放送や、Nintendo Directで公開された新トレイラーで明らかになった情報をおさらいしておこう。

■これまでに公開された『ドラクエXI S』の情報
・ボイスが追加。「さくせん」メニューからボイス音量や、主人公ボイスのオン・オフ切り替え可能。
・エマ以外に一緒に住む相手が選べる。
・PS4版で描かれた3Dモード、3DS版のドット絵で描かれる2Dモードの切り替えができる。
・3Dモード探索中は主人公しか表示されなかったが、今回は共について来る仲間が表示される。
・オーケストラ音源が追加。従来のシンセサイザーの音源の切り替えができる。
・各キャラクターが主人公となるシナリオが追加。

 追加シナリオをはじめ、ボイス、オーケストラ音源の追加など、さらに豪華になった『ドラクエXI』が楽しめそうだ。PS4版のUnreal Engine 4で描かれる3Dグラフィック、3DS版のスーパーファミコン時代を思わせるドット絵グラフィックが共に楽しめるのは嬉しいところ。

 さらに今回の生放送で明らかになった情報は以下になる。

■今回公開された『ドラクエXI S』の情報
・フィールドでついて来る仲間とは、そのまま話すことが可能。
・フィールドではZRボタンでダッシュができる。
・どうぐ「だいじなもの」から、馬呼びのベルで馬を呼ぶことができる。
・馬のダッシュで敵を吹っ飛ばしても、経験値が手に入る。
・バトルスピードは「ふつう」、「はやい」に加えて「超はやい」が追加。
・3DS版のすれ違い通信でできた過去作クエストは、何らかしら改良して収録。

(画像は「いれちゃん!S ~ドラゴンクエストXI S公式生放送~ 新情報おさらい&ボイスキャスト発表 #2」より)
(画像は「いれちゃん!S ~ドラゴンクエストXI S公式生放送~ 新情報おさらい&ボイスキャスト発表 #2」より)

 フィールドのダッシュや、バトルスピードの「超はやい」が追加されて、さらにテンポが良くなっているのは、既プレイの人には嬉しいところ。すでに遊んでいる人でも手に取りやすくなったといえるだろう。また具体的には明らかにならなかったが、何らかしらそうびメニューにも新しい仕様が入るようだ。

 放送中、2Dモードでは、キャストからテレビいっぱいにドット絵が広がるのが新鮮との声も挙がった。3DSは外部出力がなかったので、2Dモードのドット絵が大画面でプレイできるの本作の魅力的なところと言えそうだ。

 さらに新キャストの発表は、『ドラゴンクエスト』にふさわしい豪華キャストの名前がずらっと並ぶ。

(画像は「いれちゃん!S ~ドラゴンクエストXI S公式生放送~ 新情報おさらい&ボイスキャスト発表 #2」より)
(画像は「いれちゃん!S ~ドラゴンクエストXI S公式生放送~ 新情報おさらい&ボイスキャスト発表 #2」より)
https://www.youtube.com/watch?v=do0s9_T3VVo

 実は武内駿輔さんはデルカダールに門で主人公を引き止める左右の門番役で最初に起用された裏話が放送で披露された。同時に一人二役を演じているとのことなので、製品版が発売されたら、そのシーンもチェックしておこう。

 最後に堀井雄二氏が番組にあてた手紙から、追加DLCでボイスドラマが制作中であることが判明。このボイスドラマの詳細は明らかにならなかったが、詳細は6月ごろに発表したいとのこと。ボイスドラマといえば、かつて発売していた『CDシアター ドラゴンクエスト』を思い出してしまうが、ゲームにどういう形で実装されるものなのか、それともまったく違うものなのかは気になるところだ。

 様々な追加要素が加わって、大幅にリニューアルしていることが判明してきている本作。発売の2019年秋が楽しみだ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧