SNKが「NEOGEO 2」と「NEOGEO 3」の開発を発表。「NEOGEO mini」後継機ではない製品、より“オープン”な方向に?

 SNKは韓国で行われた投資家向けの広報記者会見にて、「NEOGEO mini」の期待を上回る販売台数に後押しされ、「NEOGEO 2」「NEOGEO 3」を企画していることを発表した。海外メディアRuliwebが伝えている。

 質疑応答ではこの正体不明の新しいコンソールについて質問がいくつかあったが、これらのコンソールが「NEOGEO mini」の後継機では無いこと、そして「NEOGEO 2」はクローズドな「NEOGEO mini」の方向性とオープンプラットフォームの方向性の中間の形式を取るということのみが現時点では伝えられている。

(画像はNEOGEO mini 公式サイトより)

 NEOGEO miniは液晶モニタの付いたアーケード筐体を模して作られた小型コンソールだ。『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズ『サムライスピリッツ』といった格闘ゲームから、落ち物パズルゲームの『ジョイジョイキッド』、シューティングゲーム『ティンクルスタースプライツ』など、人気のゲームが40本収録されている。収録内容や筐体のデザインを変えた「インターナショナル版」と「クリスマス限定版」も存在している。

 「NEOGEO miniが閉鎖的なコンソールである」との発言から考えると、本体とは別にカートリッジやディスクを用意する従来のコンソールがオープンプラットフォームではないかとも予想される。何らかの方法で収録ゲームを追加・変更が可能なのか、あるいはネオジオのゲームソフトがカートリッジで遊べ、なおかつ本体だけでもあらかじめインストールされたゲームを遊べるのか。「NEOGEO 2」はいずれかのようなハードになるのかもしれない。

 また、新作情報としてテンセントのTimi Studioが開発するモバイル版『メタルスラッグ』のほかに、『メタルスラッグ』ベースのコンソールゲームが開発中であることも明かされた。コンソールでシリーズ作品がリリースされるのは2009年にPSPでリリースされた『メタルスラッグ7』のマイナーチェンジバージョン『メタルスラッグXX』以来のことになる。こちらもゲームの内容や発売日などは全て未発表だ。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

「NEOGEO mini」正式発表。筐体風ゲーム機でテレビにつなげず遊べる、ディスプレイとアケ風コントローラーが搭載

クリスマス限定版「NEOGEO mini」が発売決定。以前の復刻版にはなかった未収録の9作品が登場

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ