Devolver Digitalが発売した『Katana Zero』、Nintendo Switchで予約販売数の新記録を樹立。“時間ドラッグ”でサムライが戦うサイバーパンク2Dアクション

 Devolver Digitalは同社がNintendo Switchでリリースしてきたゲームのなかで、『Katana Zero』が最大の予約数を達成したと報告した。『Katana ZERO』は日本でも4月18日からNintendo SwitchとPCで、日本語にローカライズされて配信がはじまっている。

 『Katana ZERO』は殺し屋稼業をしているサムライ「ドラゴン」が、依頼主から命令されるミッションに応じてターゲットを殺害していく2Dアクションゲーム。主人公は時間ドラッグを服用しており、ゲーム中の時間進行を遅らせることが可能。また敵に殺されてしまっても、時間を巻き戻してステージの最初からやり直すことができる。テープを巻き戻すような演出を加えたスタイリッシュなアクション性は非常に魅力的だ。

 アクションと共に、本作はストーリーもかなり重視されている。ドラゴンは毎夜、子どもの頃に経験した悪夢にうなされている。この悪夢について、仕事の依頼主である謎の人物がドラゴンを診察しているのだが、この人物に協力するか、非協力的な態度を取るかでストーリーが変化していく。なぜドラゴンは人を殺しているのか、この依頼主は何者なのか、悪夢の正体は何なのか。ゲームが進行するにつれ、これらの謎も解き明かされていくだろう。

(画像はMy Nintendo Store |『Katana ZERO』より)
(画像はMy Nintendo Store |『Katana ZERO』より)

 また本作においては、近未来を舞台にした都会の喧騒の雰囲気が抜群だ。一仕事を終えて、自分の汚い安アパートに帰ると、ゲームはそこに優しいピアノのBGMが乗っており、夜の戸張の雰囲気を演出してくれる。だが、隣では日夜、音楽をかけっぱなしにする隣人がおり、完全には安らぎを得られず、いかにもサイバーパンクなうらぶれた感じだ。テレビをつけると自分が殺した相手がニュースになっており、物語の世界観が少しだけわかってくる。ハーブティーを飲んで就寝するのがドラゴンの日課だ。そして、アパートで出会う一人の少女との交流……。

 記事執筆段階では、Nintendo Switch版がメタスコア83、ユーザースコアが8.5、PC版がメタスコア82、ユーザースコアが8.8と8~9あたりを推移しており、評価も上々だ。日本版もローカライズは非常によく出来ているので、これから日本プレイヤーの感想もたくさん出てくるだろう。

(画像はMy Nintendo Store |『Katana ZERO』より)
(画像はMy Nintendo Store |『Katana ZERO』より)

 Devolver Digitalは2009年にテキサス州オースティンに設立したインディーゲームを中心としたパブリッシャー。『ホットライン・マイアミ』を世に送り出したことで一躍注目された。E3のプレカンファレンスでは、そのカンファレンス自体をパロディ化した過激なパフォーマンスは、毎年話題にあがる。

 今回、前述したように同社がNintendo Switchで送り出したゲームのなかでもっとも予約数が多いということは、同社がNintendo Switchで発売した『The Messenger』、『Minit』、『Downwell』を超えたことになる。もちろんこれらがPC、PS4、Xbox One、スマートフォンなどで多角的に展開しているのに対して、『Katana ZERO』が今のところPCとNintendo Switchしか展開していないのは留意すべきだが、また新たな代表作を作ったことは確かだろう。

ライター/福山幸司

関連記事:

「時間操作ドラッグ」をキメたサムライが戦う『Katana Zero』最新映像。サイバーパンクな世界の闇をぶった斬るスタイリッシュ・アクション・ノワール

「サムスピ」シリーズ新作『SAMURAI SPIRITS』が6月に発売決定。Nintendo Switch版とPC版のリリースも決定、4月5日には発表会が配信へ

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧