2D格闘ゲーム『GUILTY GEAR』シリーズ最新作が2020年に発売。さらに進化したセルルック3Dグラフィックを見られるティザー映像が公開中

 アークシステムワークスは、『GUILTY GEAR』シリーズ最新作の制作決定を発表した。本作は2020年に発売予定となっており、プラットフォームは未定。

 『GUILTY GEAR』シリーズは、2018年に20周年を迎えた2D対戦格闘ゲーム。アークシステムワークスの代表作ともいえるシリーズで、2014年の『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』以来の完全新作タイトルとなる。

 総監督はこれまでと同じく石渡太輔氏が担当し、セルルック3Dグラフィックのさらなる進化が見られるとのこと。2019年8月5日より本作のティザーサイトが公開されているほか、「EVO2019」で公開されたトレーラー映像も公開中。今後も追って情報が公開されるとのこと。

 さらに、2D対戦格闘ゲーム『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r]』が2020年に発売予定となることも発表された。本作は2012年に発売された『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st]』に新プレイアブルキャラクター「ロンドレキア」を加え、バランスの調整などを施した一作となる。

 本作もまたティザーサイトとティザートレーラーが公開中。同じくプラットフォームや価格などは未定となっている。

(C) ARC SYSTEM WORKS
(C)FRENCH-BREAD / ARC SYSTEM WORKS

ライター/渡邉卓也

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧