PS4向けソフト『龍が如く7 光と闇の行方』発表。新主人公・春日一番が「龍」となるまでを描く下克上物語。戦闘はコマンドRPGに刷新し、ティザーでは「ドラクエ」に言及。2020年1月16日発売

 セガゲームスは『龍が如く』シリーズ最新作『龍が如く7 光と闇の行方』を発表した。新主人公「春日一番」を迎え、「横浜・伊勢佐木異人町」を舞台に、春日一番が新たな「龍」となるまでを描く。
 『龍が如く』シリーズおなじみの喧嘩アクションは、「ライブコマンドRPGバトル」と刷新、公式サイトのジャンル名は「ドラマティックRPG」となっている。プラットフォームはPS4、価格は税別8390円。発売は2020年1月16日。

(画像はPS4専用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』ティザートレイラー – YouTubeより)

 長らく「桐生一馬」の物語を描いていた『龍が如く』シリーズ。だが、『龍が如く6 命の詩。』で、桐生一馬の物語はフィナーレを迎えた。
 そんな中、セガゲームスは『龍が如く』の次回作を、『龍が如く ONLINE』の主人公・春日一番の新作であることは以前から明かしていたが、まさかの正式ナンバリングタイトル『龍が如く7 光と闇の行方』として今回、発表した形だ。

 『龍が如く7 光と闇の行方』の新たな舞台は、東京・神室町の3倍以上に及ぶ広大な新エリア「横浜・伊勢佐木異人町」となる。

(画像はPS4専用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』ティザートレイラー – YouTubeより)

 物語のはじまりは2001年。新主人公・春日一番は、自身が所属する荒川組の若頭の犯した罪を被ることとなり、18年の時が流れる。誰も出迎えることなく、出所した春日は、様変わりした神室町を目撃する。
 神室町は、警察の「神室町3K作戦」によって、極道を統べる東城会は崩壊し、警察と近江連合によって支配されていたのだ。しかも、そんな状況を作り出したのが春日が敬愛する荒川組の組長・荒川真澄なのだという。

 ことの真偽を確かめに荒川真澄に直談判する春日一番。だが、18年ぶりに再会した荒川真澄は「すまねぇなイチ…… 死んでくれ」という冷酷な言葉と共に、銃口を向けた。春日にとって信じられない状況に追い込まれるなか、生死の淵を彷徨った春日が目覚めた場所は、横浜・伊勢佐木異人町の汚いゴミ捨て場だった──。

 本作は、このようドン底に落とされた春日一番が、絶望から這い上がり、新たな「龍」となるまでを描く「極上の下克上物語」だという。

(画像はPS4専用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』ティザートレイラー – YouTubeより)

 驚きなのが、システム面だ。『龍が如く』シリーズといえば、極道やチンピラとのバトルは、直接ボタンを押して打撃や投げ、ヒートアクションを繰り出すアクションゲームだった。
 しかし、本作ではこれを「ライブコマンドRPG」として刷新。RPGのようなコマンド選択型に変更しており、そこから打撃やヒートアクションを繰り出す形になっている。

 どうやら主人公は「ドラクエファン」のようで、公開されたティザートレイラーでは、「最後にはテッペン取って、ハッピーエンドよぉ……ふっ、ドラクエみてーにさ」という台詞が春日一番から発せられる。

 春日一番を演じるのは『龍が如く ONLINE』に引き続き、中谷一博さん。また大塚明夫さん、上坂すみれさん、岡本信彦さん、中村悠一さん、鳥海浩輔さんが出演することが発表されている。
 また『龍が如く』といえば、実際の俳優の顔をゲームで再現することが有名だが、今回は中井貴一さん、安田顕さん、堤真一さんが主演を顔・声とも出演を果たすことが発表されている。中井貴一さん演じるのは、キーパーソンとなる組長・荒川真澄。安田顕さん演じるのは、主人公と行動と共にするホームレス・ナンバ。堤真一さんが演じるのは荒川組の若頭・沢城丈だ。

 そしてもちろん総合監督には、名越稔洋氏が名前をクレジットされている。新主人公、新舞台、新システムと異例尽くしの『龍が如く7 光と闇の行方』。主人公が「『ドラクエ』好き」というゲーム会社の垣根を超えた設定がどのように活かされるのか、気になるところだ。
 なお、初回特典にはDLC装備「真島建設セット」プロダクトコード、『龍が如く』コラボブランドグッズ抽選券が付属する。大幅にリニューアルを果たしたシリーズ新作『龍が如く7 光と闇の行方』、発売は2020年1月16日の予定だ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧