ゲームボーイ版の原点を忠実に再現した『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』がNintendo Switchで9月17日に発売決定

 スクウェア・エニックスは、『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』を発表した。1998年にゲームボーイから発売した『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』を忠実に再現した内容となる。価格は税別1500円で、プラットフォームはNintendo Switch。発売日は9月17日。

(画面はYouTube「SQUARE ENIX PRESENTS 9/14(土)ステージ生配信!」より)

 『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』は、1998年に発売した『ドラゴンクエストモンスターズ』シリーズの第一作。異世界である「タイジュの国」を舞台にした『ドラゴンクエストVI 幻の大地』のキャラクターである「テリー」を操作するスピンオフ作品だ。

 テリーの冒険の目的は、ある日、モンスターに誘拐されて失踪を遂げた姉であるミレーユを探すこと。そのためにはモンスターたちを従えて、星降りの大会に優勝して「モンスターマスター」の頂点を目指さなければならない。

 『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』で好評だった仲間モンスターシステムに特化したゲーム性は子供たちに人気で、200万本以上の大ヒットを記録した。その後、ニンテンドー3DSで『テリーのワンダーランド3D』としてリメイク。またそれをベースとして、さらに遊びやすくなった『テリーのワンダーランドSP』がAndroid、iOSから昨年発売している。

(画面はYouTube「SQUARE ENIX PRESENTS 9/14(土)ステージ生配信!」より)
(画面はYouTube「SQUARE ENIX PRESENTS 9/14(土)ステージ生配信!」より)
(画面はYouTube「SQUARE ENIX PRESENTS 9/14(土)ステージ生配信!」より)

 今回、発表された『テリーのワンダーランド RETRO』は、ゲームボーイ版をなるべく忠実に再現した作品で、Nintendo Switch上でゲームボーイのレトロな画面が表現されている。オリジナルは、ゲームボーイカラー対応作品だったが、本作では画面をカラーとモノクロに切り替えが可能。

 さらに背景の壁紙を切り替えられるとのこと。かつて『スーパーゲームボーイ』というスーパーファミコンでゲームボーイをカラー化しつつ、背景をつけて遊ぶことができた周辺機器が存在したが、さながら本作は『スーパーゲームボーイ』気分が味わえそうだ。他にも公開された画面では、ゲームボーイと比べてNintendo Switchの横長画面のスペースを使って、ステータスなどの情報を表示させているのが確認できる。

(画面はYouTube「SQUARE ENIX PRESENTS 9/14(土)ステージ生配信!」より)

 発売日は発表から異例のスピードといえる、3日後となる9月17日に発売。携帯機ともしても遊べるNintendo Switchなら、当時外で遊んでいたゲームボーイの感覚を思い起こしながら『テリーのワンダーランド』を遊ぶことができそうだ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧