『DARK SOULS』や『SEKIRO』の宮崎英高氏がブラジルゲームショーで生涯功労賞。もっとも心に残ったタイトルは「あえて挙げるなら『Bloodborne』」

 ブラジルで現在開催中のBrasil Game Showにて、『DARK SOULS』『Bloodborne』のディレクターを務めた宮崎英高氏が生涯功労賞を受賞した。

※2時間30分頃から宮崎氏の授賞式の様子。

 宮崎氏は受賞スピーチで、この賞は個人ではなくチーム全体の功績だと語っている。ゲームをプレイしたファンと家族にも感謝の言葉を贈った。そんな人々と同じ時代にゲーム制作者としていられることに幸せを感じており、今後も面白い、価値のある、そして手応えのあるゲームを作っていきたいとスピーチをまとめた。

(画像は『Bloodborne』公式サイトより)

 また、宮崎氏は同イベントでGameSpot Brazilのインタビューを受けている。インタビューでこれまで制作した中で最も好きなゲームを聞かれた宮崎氏は、「自分の子供の中で一番誰が好きですか?」と聞かれるようなものでひとつに決めるのは難しいとしながら、『Bloodborne』がもっとも心に残っていると答えた。そんな『Bloodborne』制作で影響を受けた作品は、『クトゥルフの呼び声』と2001年の映画『ジェヴォーダンの獣』の2作だと答えている。

(画像は『Demon’s Souls』公式サイトより)

 お気に入りのボスは?という質問では、『Demon’s Souls』に登場する「黄衣の翁」を挙げている。このボスはオンラインの場合、ランダムで侵入した他のプレイヤーがボスとして立ちはだかる場合がある。ボスを他のプレイヤーが操るため、場合によっては作中最強のボスモンスターになり得る。

 この特殊な仕様は当時一般的ではなく批判も受けたそうだが、最終的にはファンに気に入ってもらえたと振り返っている。日本では蔑称とも愛称とも取れない「うんこターバン」という名前で親しまれているようだ。

 インタビューでは『Bloodborne2』について「決める立場にいない」と存在を認めなかったが、宮崎氏と開発チームは現在『Elden Ring』の開発に取り組んでいる。『氷と炎の歌』のジョージ・R・R・マーティン氏と協力し、これまで通りのやりがいのある難易度とRPG要素を重視したオープンワールドゲームになるという。こちらの情報も心待ちにしたい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧