SteamでPC版『Red Dead Redemption 2』が発売開始。高性能ディスプレイ設定や高速フレームレートにも対応

 Rockstar Gamesは12月6日、同社が開発する『Red Dead Redemption 2』Steam版を発売した。価格は通常版8618円、スペシャル・エディション10562円、アルティメット・エディション11772円。

 インストールと初回起動時、オンラインプレイおよび定期的な認証確認には、Rockstar Games LauncherとRockstar Games Social Clubのアカウント(13歳以上)へのログインが必要となる。

(画像はSteamトレーラーより)

 『Red Dead Redemption 2』は2018年10月にPlayStation 4、Xbox One用ソフトとして全世界で同時に発売されたオープンワールドゲーム。2019年11月にはPC版(Epic GamesストアGreenman GamingHumble StoreGameStop)も発売されており、Steam版は少し遅れての発売だ。また、11月中旬には新しいクラウドゲーミングサービス、「Google Stadia」のローンチタイトルとしても収録されている。

 舞台は開拓時代が終わり、法執行官が無法者のギャングを一掃し始めた1899年のアメリカ。 古くからギャングのメンバーであるアーサー・モーガンは法執行官や賞金稼ぎの手を逃れつつ、生き延びていく。次第にギャングの結束が崩れていく中、選ぶのは己の理想か、あるいはギャングへの忠誠か。

(画像はSteamストアページより)
(画像はSteamストアページより)

 PC版ではグラフィックの強化や、「荒野の職業」および「賞金稼ぎ」「商人」「収集人」の新たな役割といった最新コンテンツを含むこれまでのアップデート機能への無料アクセス権も付属。また、HDRや4K解像度への対応をはじめ、マルチモニター、ワイドスクリーン、高速フレームレートなどの高性能ディスプレイ用設定にも対応している。

 なお、Steam版に寄せられているレビューには、Rockstar Games Launcherとの連携が上手くいかない人や、「起動時にクラッシュする」現象が起きた人が低評価のレビューを投稿しているため、執筆時現在での評価は「賛否両論」となっている。

 起動時にクラッシュする現象については、「コントローラーを外した状態で起動すれば問題なく起動する」とのレビューも上がっているため、同様の問題を抱えているユーザーがいれば試してみるとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧