ビデオゲームをテーマにした「ゲーマー向けホテル」をAtariが開業予定。家庭用からアーケードゲーム、さらにはeスポーツ向けスタジオまで提供

 Atariは、ホテル事業に進出しビデオゲームを豊富に取り揃えた「Atari Hotels」を展開していくと発表した。あわせて公式サイト公式Twitterアカウントをオープンしている。ホテルの第一号はアリゾナ州フェニックスで開業予定だ。

 ビデオゲーム市場を切り開いたAtariが、「あらゆる年齢のゲーマーに究極の没入型エンターテイメントを提供する」として、ビデオゲームをテーマにしたホテル事業に進出するという。家庭用ゲーム、VR/ARゲーム、アーケードバーが内包され、一部のホテルには、eスポーツのためのスタジオ、会場が設置され、eスポーツのためのイベントを開催、集客することができる。

 ホテルは、Atariブランドを推し出した「Atari Hotels」と題され、まずは2020年にアリゾナ州フェニックスで起工予定だ。続いて、ラスベガス、デンバー、シカゴ、オースティン、シアトル、サンフランシスコ、サンノゼでも展開していく予定だという。

 この事業は、金融、教育、エンターテイメントなど広く扱う戦略グループ会社GSD Groupとパートナーシップを締結し、共同で展開していくという。アリゾナ州フェニックスのホテルについては、不動産開発会社True North Studioが手掛ける。

(画像は「ATARI ANNOUNCES WORLD-CLASS VIDEO GAME-THEMED ATARI HOTELS First Atari Hotel to Begin Construction in Phoenix in Mid-2020 – Atari Hotels」より)

 『ポン』『ブレイクアウト』でアーケードビデオゲーム市場を切り開き、Atari 2600で家庭用ゲーム機市場を開拓したAtariは、米国にとって非常に馴染みがある存在だ。昨今では、スティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』でも主要な存在として取り上げられたことは記憶に新しい。「Atari Hotels」では、「クラシックでモダンな雰囲気」を出すために、こういったAtariブランドを活用するという。

 ビデオゲームとホテルの関係なら、今月、任天堂の旧本社ビルを増築して2021年に開業予定と報道されている。ただしこちらは築90年の景観を活かした、赴きある古風な外観と内装を活かしたホテルを推し出しており、今回のようなビデオゲームのコンセプトがあるわけではない。はたして、前代未聞のビデオゲームをテーマにした斬新なコンセプトな「Atari Hotels」は成立するのか、これから要注目といえそうだ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧