海外で絶賛された恋愛ADV『Florence』がNintendo SwitchとSteamで2月14日に発売決定。甘く切ない恋愛模様を、鮮やかな筆致で描く

 Annapurna Interactiveは恋愛アドベンチャーゲーム『Florence』を、Nintendo Switch、PC(Steam、GOG、Mac App Store)で発売すると発表した。発売日は2月14日となる。

 Steamでは日本語に対応しているが、今のところ日本国内向けのNintendo Switchは正式発表はされていない。だが、本作はすでにスマートフォンなどモバイル向けに日本語化されて発売しているので、国内向けNintendo Switchでの展開は有力と思われる。

 『Florence』は、オーストラリアのインディースタジオMountainsが制作した恋愛アドベンチャーゲーム。もともとスマートフォンなどモバイル向けに展開しており、無名のゲームスタジオながら、The Game Awards 2018ではベストモバイルゲーム賞を受賞するなど数多くの絶賛が寄せられたゲームだ。

 本作で特徴的なのは、日常風景や仕事、恋愛の心情をパズルやミニゲームで表現したこと。ストーリーとパズルが別々に存在するのではなく、それが一致して描かれることで、プレイヤー側にエモーショナルな感情を喚起させる巧みな作りになっている。ゲームならではの物語体験が味わえるといえるだろう。

 さらにスケールの大きい話ではなく、あくまで女性の主人公フローレンス・ヨーという、個人に寄り添ったストーリーも特徴だ。甘く切ない恋愛模様を、鮮やか筆致で描かれており、言葉に多く頼らないグラフィックや美しい音楽の表現で、心に残る一作となっている。

(画像はSteam 『Florence』より)
(画像はSteam 『Florence』より)
(画像はSteam 『Florence』より)
(画像はSteam 『Florence』より)

 本作は、30分ほどで終わる短編といった趣のゲームだ。2018年にモバイル向けに発売されてから話題を集めたので、当時プレイした人も多いだろう。今回の発表によりNintendo Switch、Steamなど大画面でプレイできることなったので、久々にフローレンス・ヨーと再会してみてもいいかもしれない。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧