『ベヨネッタ』&『VANQUISH』が5月28日にPS4で発売決定。驚異のハイスピードアクションの名作が高解像度&高フレームレートで再登場

 セガゲームスは、『BAYONETTA&VANQUISH』を5月28日に発売すると発表した。プラチナゲームズが開発したハイスピードアクションの名作『BAYONETTA』『VANQUISH』がセットになり、高解像度&高フレームレートで蘇ったお得なパッケージとなる。プラットフォームはPS4。価格は税別3990円。

 2009年にPS3、Xbox 360から発売された『BAYONETTA』は、『デビルメイクライ』の神谷英樹氏がディレクターを務めており、『デビルメイクライ』で培われた爽快感のあるアクションゲームが本作でも展開される。

 プレイヤーは魔女ベヨネッタとなり、行く手を阻む天使たちを周囲の動きが遅くなる「ウィッチタイム」を駆使しつつ、敵の攻撃を回避しつつ連続攻撃を繰り出す「クライマックス・アクションゲーム」だ。今回のPS4版には英語音声だけではなく、田中敦子さん演じる日本語ボイスにも対応している。

(画像はYouTube「PS4『BAYONETTA&VANQUISH』プロモーション映像」より)

 2010年にPS3、Xbox 360から発売された『VANQUISH』は、『バイオハザード4』の三上真司氏がディレクターを務めているサードパーソン・シューティングだ。近未来を舞台にした世界観をベースに、バトルスーツを着たアメリカ兵がロシアの機械歩兵と戦う。

 スラスターを使ったブーストを用いて急速に敵に接近し、カバーアクションとスローになるARモードを使って、敵を撃破していく。ハイスピードの移動とスローの時間、カバーアクションを織り交ぜた意欲的なTPSとなっている。

(画像はYouTube「PS4『BAYONETTA&VANQUISH』プロモーション映像」より)

 両タイトルとも高解像度&高フレームレートに対応。『VANQUISH』では、ダウンロードコンテンツとして配信していた特殊武器「ブーストマシンガン」「レーザーキャノン」「アンチアーマーピストル」が追加されている形となる。

 Wii U、Nintendo Switch版『BAYONETTA』のみだった田中敦子さんの日本語ボイスが今回のPS4版でも対応しているのも朗報といえるだろう。

 今回の発表で、プラチナゲームズが開発したハイスピードアクションの名作が、さらに表現豊かとなってPS4で気軽に楽しむことができそうだ。なおゲームの発売を記念したプレゼントキャンペーンが実施されており、ゲーム内容と合わせてチェックしてみて欲しい。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧