ブラジルで配られた『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の販促ビデオは開発中の映像がたっぷり入ったお宝だった。製品版との比較動画が公開

 YoutuberのHard4Games氏が、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の開発段階における内容を確認できる興味深いプロモーションビデオを発見し、発売されたゲームと大きく異なる部分を紹介する動画を公開した。動画の後半ではプロモーションビデオのフルバージョンを視聴することもできる。

 このプロモーションビデオは、アメリカに拠点を置きブラジルでも展開されていたレンタルビデオチェーン「ブロックバスター」で、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』の予約者向けに配布していたものだという。

 まず紹介されたのはハイラル城でのガノンドルフだ。開発版で不敵に笑っているガノンは、製品版では一瞬だけ笑ったような顔を覗かせるだけになった。また、口の表現を中心にさらなるディテールが加えられている。色合いも変わっているように見えるが、これはビデオの映像ソースによる発色の変化かもしれず、判断は難しいところだ。

開発版
(画像はYoutube「FOUND! New Zelda: Ocarina of Time VHS w/ Beta Footage!」より)
製品版
(画像はYoutube「FOUND! New Zelda: Ocarina of Time VHS w/ Beta Footage!」より)

 はこのほかにも比較動画では、デクの樹サマのダンジョンのボス、ゴーマ戦の直前のリンクやハイラル城で出会うゼルダ姫などのキャラクターが紹介されている。どの部分でも、よりよい方向に変更されていることが見て取れるはずだ。

 システムにも変更が加えられているようで、開発中は指笛を吹いてエポナを呼びだすことができたが、製品版ではオカリナで「エポナの歌」を演奏することで呼び出す。この口笛のアイデアは後に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』で採用されている。

(画像はYoutube「FOUND! New Zelda: Ocarina of Time VHS w/ Beta Footage!」より)

 戦闘面では、移動しながら攻撃する能力が最終的に削られている。開発版の映像では移動しながら剣を振り回すリンクが確認できるが、製品版では停止してから斬るようになった。開発版でのジャンプ斬りは、一旦ジャンプしてから二段ジャンプするように斬るモーションだが、製品版ではよりスピーディーなモーションとなっている。

(画像はYoutube「FOUND! New Zelda: Ocarina of Time VHS w/ Beta Footage!」より)

 インターネットがまだ広く普及していないころのゲームのプロモーション映像はオフィシャルで公開されていないことも多く、今回の映像もユーザーたちにとっては貴重な史料となるだろう。Hard4Games氏に本ビデオを提供したPSX Brasil氏はその大きな違いっぷりからか、「ビデオを何度も見返した」とYouTubeのコメント欄で語っている。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧