ゲーム『ダンガンロンパ』とアニメ『ペルソナ4』を手掛けたスタッフによるオリジナルTVアニメ『アクダマドライブ』が発表。群像クライムアクションが7月から開幕予定

 トゥーキョーゲームスは、2020年7月から放送予定のTVアニメ『アクダマドライブ』を正式発表した。公式サイトと公式Twitterをオープンし、あわせて第1弾となるプロモーションビデオを公開している。

 『アクダマドライブ』は「全・員・悪・玉」というキャッチフレーズのもと、『ダンガンロンパ』シリーズの小高和剛氏がストーリー原案、小松崎類氏がキャラクター原案を担当。アニメーション制作はstudioぴえろが手掛ける。

 本作では高度に発達しながらも歪んだ社会を舞台に、「アクダマ」と呼ばれる犯罪者たちの生き様が描かれる予定となっている。作中では、かつて「カントウ」と「カンサイ」の間で戦争が起き、カンサイはカントウの属国となり独自の発展を遂げている。政治と警察が衰退した時代に生きたアクダマたちが、己の生き方と美学を貫き、お互いの魂をぶつかけあうという。

 作中ではアクダマである「一般人」、「運び屋」、「喧嘩屋」、「ハッカー」、「医者」、「チンピラ」、「殺人鬼」と呼ばれる7人がメインキャラクターとなる。「一般人」役に黒沢ともよさん、「運び屋」役に梅原裕一郎さん、「喧嘩屋」役に武内駿輔さん、「ハッカー」役に堀江瞬さん、「医者」役に緒方恵美さん、「チンピラ」役に木村昂さん、「殺人鬼」役に櫻井孝宏さんが、それぞれキャラクターを演じる。

(画像はTVアニメ『アクダマドライブ』PV第1弾より)
(画像はTVアニメ『アクダマドライブ』PV第1弾より)
(画像はTVアニメ『アクダマドライブ』PV第1弾より)
(画像はTVアニメ『アクダマドライブ』PV第1弾より)

 「一般人」を除いて不穏な名前が並ぶが、『ダンガンロンパ』シリーズのプレイヤーならば「一般人」から逆に不穏な響きを察知するだろう。小高氏は本作を『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』『ユージュアル・サスペクツ』などの1990年代クライム映画に例えており、軽快なテンポによる群像劇が展開されそうだ。

 監督にはTVアニメ『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』の田口智久氏、シリーズ構成はTVアニメ『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-』の海法紀光氏、キャラクターデザインには『PERSONA5 the Animation』のCindy H. Yamauchi氏と豪華スタッフが集結。トレイラーではリッチなアニメーション表現が確認できる。関西をモデルにした独自のサイバーパンクのビジュアルにも注目だ。

 なおAbemaTVでは3月21日土曜日の14時15分から、スタッフ&キャスト出演による特別生番組を実施するという。まだまだ謎が多い作品だが、生放送や公式Twitterの続報を見逃さないようにしよう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧