『A Short Hike』がアワードイベント「IGF」にて大賞・オーディエンス賞をダブル受賞。『どうぶつの森』のテイストを感じさせる、自然と癒しのオープンワールドADV

 現地時間3月18日夕方、ライブ配信プラットフォームのTwitchでアワードイベント「Independent Games Festival」(以下、IGF)が中継され、Adam Robinson-Yu氏の制作したアドベンチャーゲーム『A Short Hike』が大賞とオーディエンス賞を受賞した。

 「IGF」は、過去1年に発売された革新的で優秀なインディーゲームを表彰するアワードイベント。例年通りであればアメリカ・サンフランシスコで開催されるゲーム開発者会議(GDC)のなかで表彰式を実施する予定だったが、今年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、Twitchでのライブ配信を利用して受賞作が発表された。

 今回大賞に選ばれた『A Short Hike』は、おだやかな風景の広がる「ホークピーク州立公園」を自由に探索し、ハイキングや登山を楽しむオープンワールドアドベンチャーゲームだ。一般投票者が選ぶオーディエンス賞も獲得しており、開発者と一般のゲーマーの両方から高い評価を受けた。

 都会での生活に疲れたツバメの主人公「クレア」は、癒しを求めて「ホークピーク州立公園」を訪れる。ふもとの山小屋でクレアはある人からの連絡を待っていたが、山のふもとは電波の通りが悪い場所であった。「ホークピークの頂上であれば電波が通るかもしれない」と聞かされたクレアは、連絡を取るために山の頂上を目指すことになる。

 本作は、『どうぶつの森』シリーズからの影響をところどころに感じさせつつも、異なるゲーム性を持つ作品である。もちろん、自由に動き回れるオープンワールドの設計であるため、プレイヤーは上記の目標をすみやかに達成する必要はなく、自分のペースでゲームを楽しめる。

 公園内では、動物たちが散歩や砂遊びをはじめ、クライミング、キャンプ、スケッチ、釣り、マラソンなどさまざまなアクティビティを満喫している。彼らに話しかけると、ちょっとした世間話を聞かせてくれるほか、おつかいを頼まれる場合もある。

 また、公園内にはコインが落ちていたり、いかにも掘りかえせそうな地面を見つけられるので、公園を巡るついでにおつかいをこなしていくと、スコップや釣り竿などのアイテムをもらえる。これらのアイテムは自分でも使うことができるので、遊びの幅が自然と広がっていく。

キャンプをしているヤギ。意味はないが、たき火はあるアイテムで水をかけると消える
釣りを楽しむこともできる。釣った魚は図鑑に登録されるので、大きいサイズや全種類の魚をコレクションするのも楽しい

 もうひとつの特徴的な要素として、プレイヤーキャラクターは「Golden feather(金のはね)」と呼ばれるアイテムを入手すれば崖のぼりや、羽を広げて滑空することができるようになる。これによって行動範囲が広がる点も、遊びの幅を広げる意味では重要な要素といえる。

 じゅうぶんに公園でくつろぎ、アイテムがある程度揃ったならば、ちょうど「ホークピーク」へ挑戦できるようになっていることだろう。山の中腹では険しい崖がそびえるほか、山腹には雪がふり、翼が凍り付いて飛べなくなるほどの寒さが襲う。

 山に挑むまでは「スローライフを満喫できる穏やかなゲーム」だと感じる人も多いだろうが、山に挑む段階になると、ルート構築や滑空の活用など、アクションゲームとしての一面が見えてくるようになる。

滑空している時に横移動を入力すれば旋回することもできる
「あそこは危険だ」と警告するシロクマ。それでも行かなければならない時は来る

 厳しい登山を終えて山頂にたどり着けば、きっと息をのむような素晴らしい風景が、あなたの苦労と日々の疲れを癒してくれることだろう。

 制作者のAdam Robinson-Yu氏は当時、現在も開発中の『Untitled paper RPG』の作業で疲れ切っており、「自らの心を癒し、穏やかな気持ちと新たな発見を呼び起こす何かを作りたい」との思いから『A Short Hike』を制作したという。

 『A Short Hike』は、3月20日午前1時まで、Epic Gamesストアにて無料配布されている。また、3月24日(火)まで、Steam版が25%オフで購入可能なセールも開催中だ。

 また、Adam Robinson-Yu氏を支援したい場合には、itch.ioから購入すれば購入金額を直接還元させることもできる。こちらはDRM形式の本体に加えてSteamキーも付属するため、興味があれば、itch.ioからの購入で『Untitled paper RPG』の制作を応援してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧