『MYST』が映画、テレビシリーズ化の企画が進行中。脚本には『マイティ・ソー』や『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の脚本家を起用

 世界的に大ヒットしたアドベンチャーゲーム『MYST』の映画、テレビシリーズ化の企画が進行していると、業界メディアDEADLINEが報じた。『マトリックス』シリーズを手掛けたことでも知られるヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズが制作を手掛け、脚本には『マイティ・ソー』『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の脚本家が起用されるという。

 『MYST』は1993年に発売されたアドベンチャーゲーム。幻想的な孤島を舞台にパズルを解いていくゲームで、プリレンダされた画像による美しいグラフィックが特徴。この画像は静止画だが、水面など、一部を動画として再生することによって、動きのある世界を表現していた。パズルはヒントが少なく、非常に難解なことで知られている。

(画像は駿河屋『MYST』より)

 神秘的な魅力に溢れた『MYST』は、世界中で600万本を超える大ヒット。この記録は2002年に『シム・ピープル』に抜かれるまで、PCではもっと売れたタイトルの記録だった。シリーズ累計では1500万本を突破している。

 『MYST』の映画、テレビシリーズ化の報道は昨年の7月にも報じられており、そのときはヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズが映画化権を獲得したというニュースだった。今回は、『マイティ・ソー』や『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の脚本家であるアシュリー・エドワード・ミラー氏がパイロット版のシナリオを執筆することが判明し、本プロジェクトが順調に映像化に向けて進行中であることが明らかになった。

 この『MYST』の映像化は、ゲームのストーリーや世界観に基づきつつ、映画、テレビシリーズを横断するマルチプラットフォームのユニバース的な構造にしたいという。なお、原作ゲームを開発したランド・ミラー、ロビン・ミラーもこの映像化の企画に参画しており、プロデュースを行う。

(画像はSteam『Myst: Masterpiece Edition』より)
(画像はSteam『Myst: Masterpiece Edition』より)
(画像はSteam『Myst: Masterpiece Edition』より)

 説明がほとんどされず謎が謎を呼ぶ本作のスタイルが、意外にもテレビシリーズに向いているかもしれない。なお『MYST』は、27年前のゲームだが現在ではiOS版PS版がゲームアーカイブスで気軽にプレイが可能。Steamでもプレイできるが、こちらは日本語化されていない。日本人を含む、なぜ当時の多くの人が、このゲームに取り付かれたのか。映像化の機会に、プレイしたこない人は触ってみてもいいのかもしれない。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧