ウォールラン、スライディング、バックフリップ。あらゆる体術を利用して闘うFPS『IMPACT』が今春Steamでリリースへ

 ゲーム開発スタジオ「Greylock Studio」は、スタイリッシュなアクションが特徴の一人称視点FPS『IMPACT』Steamストアページを公開した。2020年春より早期アクセス配信がスタート予定となっている。

 『IMPACT』は、「ウォールラン」や「スライディング」、またFPSでは珍しい「バックフリップ」など、ありとあらゆる体術を駆使して無数の敵と戦うスタイリッシュなFPSだ。拳銃やショットガン、ライフルなど、さまざまな銃器が用意されている。ハイテンションな戦いを続けるためにリロードはないという。

 銃だけでなく、パンチやキック、ドロップキックなどの格闘戦も可能。体術では主人公の体も大きく動くが、時間の流れを遅くするバレットタイムも搭載しており、敵の弾丸をかわしながら冷静に反撃できるようになっている。

 プレイヤーは自由を求めて闘う隻腕のガンマンとなり、悪人で満載の超高層ビルで大暴れする。敵には分隊ベースのAIが実装されており、流動的な戦闘が楽しめるという。また、ビルの内装はすべて破壊可能となっており、かつて対戦車用にも使用されていたという「.50 cal弾」でカバーごとぶち抜いて敵を倒すといった力技も存在するそうだ。

 春から開始予定の早期アクセスは6ヶ月から12ヶ月にわたり続く予定だ。戦闘システムはすでにほぼ完成しており、早期アクセス期間中は8つのアリーナやスピードランニングモードを実装しているという。今後はプレイヤーのフィードバックを受けながら、ストーリーキャンペーンの実装、銃や音楽などのコンテンツを増やしていく。

(画像はSteam 『IMPACT』より)
(画像はSteam 『IMPACT』より)

 いわゆる「バレットタイム」のような時間操作を取り入れたFPSといえば『F.E.A.R.』『SUPERHOT』などが存在するが、本作はさらにアクションにフォーカスした作品となっている。数で劣る戦場をプレイヤーが支配する感覚はゲームのトレイラーを見ても存分に感じられ、これらの作品が好きならば間違いなく興味を引かれるはずだ。

 これだけの動きをゲーム内で行うにはどれくらい練習すればいいのか、3D酔いはどれほどなのか、気になるところは多いが、まずはSteamのウィッシュリストに登録し、発売日を待ちたい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧