『ゾンビアーミー・トリロジー』Nintendo Switch日本語パッケージ版が5月28日発売。ヒトラーが操る大量の亡者と戦う『スナイパーエリート』シリーズスピンオフ作品

 家庭用ゲーム機向けの販売事業を手がけるGame Source Entertainmentは、5月28日(木)発売予定の『ゾンビアーミー・トリロジー』Nintendo Switch日本語パッケージ版における最新トレイラー映像を公開した。

 『ゾンビアーミー・トリロジー』は、イギリスに拠点を置くゲーム会社のRebellion Developmentsが開発する『スナイパーエリート』シリーズのスピンオフ作品。元々は『スナイパーエリートV2』(2012)の拡張コンテンツとして2013年に追加された「Nazi Zombie Army」2作品に、新規要素を追加して2015年にPC(Windows)、PlayStation 4、Xbox One向けに発売したリメイク作品である。

 作品の舞台は第二次世界大戦下のベルリン。打ち倒されたはずの「ヒトラー」は“亡霊軍団”を操り、ヨーロッパ全土を支配しようとしていた。プレイヤーは世界を取り戻すため、あまたの亡者と戦うことになる。今回公開されたトレイラー映像では「『ゾンビアーミー・トリロジー』を購入すべき7つの原因」として作品の特徴やNintendo Switch版ならではの要素が紹介されている。

 最大4人でのオンライン・ローカルマルチプレイが可能な今作は、Nintendo Switch Proコントローラーや狙撃時のモーションコントロール、HD振動に対応している。大量の亡者が押し寄せるゾンビパニック系のガンシューティングに興味があれば、ぜひ一度プレイしてみるとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧