ハチャメチャ手術シミュレーション『Surgeon Simulator 2』の予約開始。最大4人での協力プレイ対応が正式発表され、手術室で起きる混乱は前作の4倍以上に

 海外メディアPC Gamerが中心となって開催されたゲーム情報番組「The PC Gaming Show 2020」にて、Bossa Studioの新作手術シミュレーションゲーム『Surgeon Simulator 2』の新たな情報が公開された。

 また、Epic Games Storeで予約も開始。8月発売予定。通常版以上のパッケージを予約すると、クローズドベータテストのアクセス権などが貰える。いち早くプレイしたい方は、ゲームを予約して続報を待って欲しい。

 『Surgeon Simulator 2』は、ハチャメチャ手術シミュレーションゲーム『Surgeon Simulator』の続編だ。プレイヤーは医師として、物理エンジンに支配された空間で手術を行う。意図的に操作を複雑にした両手を操作し、訪れる患者の骨を断ち、肉を切って病気から救うのだ。
 しかし、その奇妙な操作性のため、器具を落として患者を傷つけたり、意図しない健康な臓器を切り取ってしまったりと、手術室はてんやわんやとなる。本作では、混乱はさらにパワーアップしてプレイヤーに襲いかかる。

 シングルプレイ専用のゲームだった前作と違い、本作は初めてマルチプレイに対応する。最大4人の医師がよってたかってひとりの患者を治療することになる。心臓移植から手足の置換手術に挑む。ひとりでも大変な手術を4人で行うことは、さらなるカオスを生み出すはずだ。

 ゲームの情報を報じた海外メディアPC Gamerによると、本作の一部のマップは協力を重視した設計になっており、プレイヤー同士が協力して付け替えるための健康な足をマップ内で探したり、そのためにパズルを解いたりと、手術室だけに終わらない問題が待っているという。多くの場面では足を引っ張り合うことになるかもしれないが、腕の切断中にほかのプレイヤーが患者を失血死させないよう輸血を行うなど、本当の意味での協力も求められる。

 さらにおもしろいのが、本作はプレイヤーが自分で問題を作る「BOSSA LABS作成モード」が実装される点だ。ゲームの開発に使われたものと同じツールを使い、オンラインで作った問題をほかのプレイヤーと共有できる。このツールで、ゲームの問題は無数に増えていくはずだ。

(画像はEpic Games Store『Surgeon Simulator 2』より)
(画像はEpic Games Store『Surgeon Simulator 2』より)
(画像はEpic Games Store『Surgeon Simulator 2』より)
(画像はEpic Games Store『Surgeon Simulator 2』より)

 4人協力プレイに対応し、さらにはユーザー制作の問題まで作れると、前作から大きく進化した『Surgeon Simulator 2』。カオティックな大手術の始まりはもうすぐだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧