忍者FPS『Shadow Warrior 3』正式発表。今度は宿敵オロチと手を組んで世界を救う戦いへ、販売元を「過大評価されている」と言い放つ愉快なトレイラー公開

 Devolver Digitalは、ポーランドのFlying Wild Hogの開発する忍者FPS『Shadow Warrior 3』を発表、ティザートレイラーを公開した。Steamページが開設され、ゲームは2021年発売予定とされている。日本語にも対応とのこと。

 トレイラーには、『Shadow Warrior』に登場したホジの仮面をかぶった人物が登場。販売元であるDevolver Digitalを「過大評価されてる」と言い放ったり、ウォールランニングとグラップリングフックを見せるときには「マーケティング部が一発で決めろって言ってるんだよ」と語ったりと、メタネタが満載の映像内容となっている。

 『Shadow Warrior 3』は、再びローワンが主人公となるようだ。ローワンとシリーズ通しての宿敵オロチ・ジラは、永遠の牢獄に幽閉されたいにしえの龍を解き放ってしまう。彼らは世界の滅亡を防ぐため、不本意ながら手を組むのだという。ゲームの舞台は、古代の武士と魔法の技術が合わさったネオ封建社会となった日本で、古代の伝承に登場したような妖怪によって支配されている。

 銃撃戦と刀を組み合わせた戦闘は本作でも健在。これまでのシリーズでも登場した移動能力であるダブルジャンプやエアダッシュに、ウォールランやグラップリングフックといった新アクションも加わり、ハイテンションな戦闘が楽しめる。

 また『Shadow Warrior』でも少し登場した、敵の体の一部を使った武器も再登場。刀を使った残忍なフィニッシュムーブで敵の体の一部を奪い、彼らの力をそのまま敵に返すことができる。このほか戦闘が展開されるフィールドには、さまざまなトラップが仕掛けられている。強力な武器とトラップを使った戦闘はこれまでのシリーズでもおなじみだが、本作も悪魔の大群と戦うために利用できる。

(画像はSteam『Shadow Warrior 3』より)
(画像はSteam『Shadow Warrior 3』より)

 なおSteamストアページでは、マルチプレイについては記載されておらず、表記どおりであれば『Shadow Warrior 2』であった協力マルチプレイは本作には搭載されないようだ。

 ティザートレイラーの続きはゲームプレイトレイラーで、ということで、このあとさらなる映像の公開が予告されている。タイミングは不明だが、日本時間の7月12日午前4時から配信されるイベント「Devolver Direct」内で公開されるとみて良いだろう。毎年自社のゲームそっちのけで奇妙な催しばかりが行われる「Devolver Direct」だが、少なくとも本作の発表はあるはずだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧