『FF9』のゲーム映像付きサウンドトラックが発売決定、7月7日より予約受付中。全152曲を映像とともに思い出を振り返る“完全版”

 スクウェア・エニックスは7月7日(火)、20周年を迎えた『ファイナルファンタジーIX』のゲーム映像付きサウンドトラック「FINAL FANTASY IX ORIGINAL SOUNDTRACK REVIVAL DISC」を9月23日(水)に発売することを発表した。価格は税別5000円。

(画像はスクウェア・エニックス公式サイト トピックスより)

 本商品は、2000年7月7日に発売されたPlayStation用ソフト『ファイナルファンタジーIX』の20周年を記念して発売される。タイトル画面で流れる「いつか帰るところ」をはじめ、名場面を盛り上げる「独りじゃない」やエンディング曲「Melodies Of Life~Final Fantasy」など、ゲーム内に実装された楽曲の数々を総尺5時間弱の映像とともに楽しめる
 Blu-rayディスクで発売されるため、今はもうPlayStationやソフトが手元にないという人でも、Blu-ray再生機さえあれば簡単にゲームの思い出を振り返ることが可能だ。

 内容については映像本編のオリジナル・サウンドトラックCDから110曲にくわえ、ゲーム未使用曲などが収録されたCD「FINAL FANTASY IX Original Soundtrack PLUS」より42曲を収録。さらにMP3音源のダウンロード機能も搭載されており、全152曲をスマートフォンや音楽プレーヤーに入れて楽しめる、まさに“完全版”といえるサウンドトラックとなっている。

 予約受付についてはスクウェア・エニックスの公式通販サイト「スクウェア・エニックス e-STORE」ほか、全国の販売店で7月7日(火)より開始している。このほか、定額制の音楽ストリーミングサービス(SpotifyAWALINE MUSICApple Music)では、『ファイナルファンタジーIX』の楽曲をピックアップして紹介するプレイリストが配信中だ。

(画像はスクウェア・エニックス公式サイト トピックスより)

 また、スクウェア・エニックス公式サイト内の「ファイナルファンタジーポータルサイト」では、『ファイナルファンタジーIX』の発売20周年を記念した全3回のスペシャルインタビューにおける第1弾として、イベントデザインやシナリオを手がけた青木和彦氏のインタビューが公開されている。

 今後はキャラクターデザインやアートなどを手がけた板鼻利幸氏と、ディレクターを務めた伊藤裕之氏のインタビューがそれぞれ第2弾、第3弾として公開予定となっているので、興味があればこちらもあわせてチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧