音楽シミュレーションゲーム『ポップンミュージック ライブリィ』ベータ版のサービス提供が開始。家庭向けでは9年ぶりの正統派シリーズ作品

 コナミアミューズメントが運営する『pop’n music(ポップンミュージック)』シリーズの公式Twitterアカウントは、ベータ版『pop’n music Lively(ライブリィ)』のサービス提供を9月7日(月)より開始した。対応プラットフォームはPC(Windows 10)でプレイ料金は無料。

(画像はpop’n music Lively ベータ版 | コナステより)

 ゲームセンターにて1988年より稼働を開始した『pop’n music』シリーズは、バラエティあふれる音楽に合わせて9つのボタンを叩く気持ちよさ個性豊かなキャラクターが人気の音楽シミュレーションゲームである。これまで25のメインシリーズ作品をはじめ、家庭用ゲーム機やモバイル向けなど多数の派生作品が発売されている。

 今回サービス提供が開始された『pop’n music Lively』は、2011年発売のPlayStation Portable用ソフト『pop’n music portable 2』以来、約9年ぶりの家庭用向けにリリースされた正統派作品となっている。公式サイトの情報によれば、ベータ版でプレイできるのは以下の5曲だ。

 なお、『pop’n music Lively』は、最低限の機能のみを搭載した期間限定のサービスで終了時期は未定。アーケード版とのデータ連携機能(プレーデータ)にも対応していない

曲名/アーティスト
補足(初登場作品)

背水之陣/すわひでお
pop’n music 17 THE MOVIE

黒髪乱れし修羅となりて/村正クオリア
pop’n music 18 せんごく列伝

恋愛観測/NU-KO
pop’n music 20 fantasia

Perverse Heart ~あまのじゃく~/EGOISTIC LEMONTEA
pop’n music ラピストリア

おめでとう!おたんじょうび/ウッチーズ
pop’n music peace

 コナミのアーケード作品をPCやモバイルで楽しめるサービス「コナステ」では、今作以外にも『GITADORA(ギタドラ)』『麻雀格闘倶楽部 疾風』などの作品をプレイできる。

 いくつかの作品ではアーケード版とゲームデータを連動できるほか、オープン形式のアルファテストへも参加できる。興味があればこちらもチェックしてみてほしい。

(画像はpop’n music Lively ベータ版 | コナステより)

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧