近未来くノ一アクションRPG『アクション対魔忍』のSteamストアページが開設。多言語&コントローラーを一部サポートして世界に進出

 パブリッシャーのインフィニブレインは、近未来くノ一アクションRPG『アクション対魔忍』Steamのストアページを開設した。Android、iOS用に展開していた同作のPC移植版となる。部分的にコントローラーに対応している。価格はアプリ内課金ありの無料となり、配信は近日登場予定。

 『対魔忍シリーズ』は、2005年10月にインフィニティブレインのレーベル「LiLiTH」が、PC向けに発売した18禁ゲーム『対魔忍アサギ』から続いている『対魔忍シリーズ』シリーズだ。『アクション対魔忍』は、井河アサギ、井河さくら、水城ゆきかぜといったシリーズおなじみのキャラクターを操作して、国際的テロと魔界勢力に立ち向かっていくゲームとなっている。
 もともと18禁ゲームのシリーズでありながら、『アクション対魔忍』は全年齢向けの新作ゲームとして発表されたため、注目を集めた。

 今回、発表されたSteam版では、日本語のほか、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語の字幕に対応。『アクション対魔忍』の世界進出を目指している。

(画像はSteam『アクション対魔忍』より)
(画像はSteam『アクション対魔忍』より)
(画像はSteam『アクション対魔忍』より)
(画像はSteam『アクション対魔忍』より)

 Android、iOSではパブリッシングをGremoryが務めていたが、PC版では『対魔忍シリーズ』の本家であるインフィニブレインが務める。なおインフィニブレインは、Steamでほかにも『対魔忍アサギ』『対魔忍ユキカゼ』『対魔忍コレクション: 決戦アリーナ』を展開にしている。

 本作は、部分的コントローラーがサポートされている。『対魔忍アサギ』と違って、本作はアクションゲームなので、Android、iOSのタッチを使ったプレイとは違った感触で遊ぶことができそうだ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧