サイバーパンク忍者アクション『Ghostrunner』が10月28日に発売へ。パルクールで駆け回りカタナを振るって敵を倒すハイスピードな注目作

 パブリッシャーの505 Gamesは、サイバーパンク忍者アクション『Ghostrunner』を10月28日(月)に日本国内で発売すると発表した。

 プラットフォームはXbox One、PC(GOG、Steam、Epic Games Store)。Steamストアでの表記によれば日本語にも対応予定。また国内PlayStation 4版の情報は今後発表すると予告している。

 Steamでは予約販売が始まっており、。現在はセール中で20%オフの3184円にて販売されている。また予約専用の特典として、ふたつの「デジタルカタナ」が付いてくる。発売後には手には入らない貴重なアイテムだ。

 『Ghostrunner』は、サイバーパンク世界で刀を持ったサイバーニンジャが空を飛び壁を走り、人類最後の避難所となった「ダーマタワー」を最下層から駆け上る一人称視点のハイスピードアクションゲームである。

 単分子カタナは敵を一撃で切り裂くが、主人公も敵の攻撃を一度でも受ければそこでゲームオーバー。比較的短いスパンで現れるチェックポイントからなんどもゲームをやり直し、全ての敵を倒して上を目指す。

 多勢に無勢で主人公は数のうえでは一方的に不利だが、空中での移動も可能なほどの高機動と、反射神経をブーストさせて発生させるスローモーションで数の不利を斬り伏せる。一人称視点の近接アクションと『ホットラインマイアミ』を組み合わせたゲームプレイ、と説明するのが分かりやすいかもしれない。

 ダーマタワーは人間だけでなく環境も敵だ。パルクールアクションやムチを使って、トラップを回避し少ない足場を駆け上ろう。

(画像はSteam『Ghostrunner』より)
(画像はSteam『Ghostrunner』より)

 このほか、『Ghostrunner』の公式Discordチャンネルでは、プライベートベータテスターも募集中だ(テスター受付フォーム)。また9月30日にはSteamにて新しい体験版の配布も予定されている。

 パルクールと一撃必殺の戦いがハイスピードで繰り広げられる『Ghostrunner』は2020年でも特に注目すべき一本だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧