日本国内で宇宙人狼ゲーム『Among Us』Nintendo Switch版の配信が決定。本日よりリリースで価格は520円

 任天堂はインディーゲーム情報番組「Indie World」にて、日本国内向けのNintendo Switch版『Among Us』を発表した(ストアリンク)。価格は税込520円で、12月16日(水)から配信される。

 『Among Us』はPCとスマートフォンでリリースされたオンラインマルチプレイゲーム。プレイヤーたちは同じ目標の達成を目指す「クルーメイト」と、彼らの行動を密かに邪魔し、破壊工作などを行う「インポスター」に分かれて疑心暗鬼の中で戦うことになる。

 2018年にリリースされ、2020年に大ブレイク。先日放送された世界最大規模のゲームイベント「The Game Awards」では新マップ「飛行船」が公開。2018年リリースのゲームにもかかわらず慣例を破り、同イベントでは複数の賞にノミネートされ、「ベストマルチプレイヤー」と「ベストモバイルゲーム」の二冠を達成している。

 Nintendo Switch版については、日本時間12月16日(水)午前2時からの英語版「Indie World」で公表されていた(参考記事)もので、新たに日本でのリリースも今回明らかにされた。同作は最大10人でのオンラインおよびローカルでのマルチプレイに対応しているほか、先にリリースされているスマートフォン版、PC版と同様にクロスプラットフォームプレイで遊ぶことも可能となっている。
 なお日本語には対応していなかった本作だが、Indie Worldの映像ではチャットで日本語を使うシーンも確認できる。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧