『天穂のサクナヒメ』制作サークルのえーでるわいすと隠岐の島町のブランド米「島の香り隠岐藻塩米」生産者の対談記事が公開へ

 島根県隠岐郡に位置する隠岐の島町役場は、マーベラスから11月12日に発売された『天穂のサクナヒメ』の制作サークル「えーでるわいす」と隠岐の島町のブランド米「島の香り隠岐藻塩米」を生産する米農家による対談記事を、12月28日(月)に隠岐の島町の公式ホームページ上で公開する。

【更新 2020/12/29 18:45】 隠岐の島町からの追加発表により、えーでるわいすと隠岐の島町の米農家による対談記事は「地域おこし協力隊・集落支援員」の公式Twitterアカウント(@Oki_chiiki)および公式Facebookアカウント上にて、PDF形式で公開されることとなった。

 『天穂のサクナヒメ』は、Nintendo Switch、PlayStation 4、PC(Steam)向けの和風アクションRPGである。日本古来の米作りによって主人公「サクナ」の能力が育つゲームシステムは大きな話題となり、パッケージの売り切れ報告が続出。対談を企画した隠岐の島町役場農林水産課の担当者によれば、ゲームソフトを取り扱う島のおもちゃ屋でもしっかりと“令和の米不足”が起きていたという。

 一方、隠岐の島町のブランド米「島の香り隠岐藻塩米」は、海藻と海水から製造された「藻塩」をうすめたものを生育期に散布して栽培される米だ。通常の方法で栽培された米よりもマグネシウムの含量が多く、はっきりとした味や粘り、弾力性を特徴としている。

 今回の企画では同じ「モノづくり」を営むインディーゲームクリエイターと米農家が、仕事へのこだわりやそれぞれの業界の話など、さまざまな話題を展開している。『天穂のサクナヒメ』や「島の香り隠岐藻塩米」、そしてモノづくりに興味があればチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ