Nintendo Switch版『A列車で行こう』が開発中。遊びやすさ重視の任天堂系『A列車で行こう』の最新作

 アートディンクは、『A列車で行こう』シリーズ最新作がNintendo Switch向けに開発中であることをTwitter上で明らかにした。ニンテンドー3DSで発売した『A列車で行こう3D』に続く“任天堂系『A列車で行こう』最新作”になるという。

 『A列車で行こう』シリーズは都市開発、鉄道運営、会社経営をあわせ持ったシミュレーションゲーム。初代は1985年に発売された長い歴史のあるシリーズであり、1990年の『A列車で行こうIII』では現在に連なる鉄道経営シミュレーションの雛形を完成させた。プレイステーション本体と同時発売だった『A.IV.EVOLUTION』では、多くのユーザーを獲得することにも成功する。

 さらにPS2で発売した『A列車で行こう6』が鉄道運行シミュレーションのリアル路線として決定打になる。昨年、PS4から発売した『A列車で行こうExp.+』は、このリアル路線を追求したタイトルだ。鉄道ファン向けの作品といえるだろう。

 一方で、鉄道運行はほどほどにして、経営・都市開発の楽しさを重視したのがニンテンドーDSから発売された『A列車で行こうDS』だ。『A.IV.EVOLUTION』のリアル路線ではなく箱庭空間での遊びやすさを追求したタイトルで、好評を博すこととなる。この路線は『A列車で行こう3D』と後継作が発売している。Steamで販売している『みんなのA列車で行こうPC』は、この3DS版をベースにPCに移植した作品だ。

 今回、発表されたのも『A.IV.EVOLUTION』、『A列車で行こうDS』以降の遊びやすさを重視した『A列車で行こう』の最新作になると思われる。『A列車で行こうDS』でディレクターを務めた飯塚正樹氏のTwitterアカウントでは、このアートディンクのツイートをRTしているので、今作でも何らかの形で関わっていそうだ。

(画像はSteam 『A-Train PC Classic / みんなのA列車で行こうPC』より)

 『A列車で行こう』シリーズはリメイクや移植、アップグレードが多いタイトルだが、今回進行中のタイトルは完全新作か、リメイクだとしてもグラフィックが大幅に書き換えられることも予想される。Nintendo Switch向けとして『A列車で行こう』シリーズ初心者でも楽しめる作品となっていそうだ。どのような作品になっているのか興味は尽きないが、アートディンクの公式発表を待つことにしよう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧