Lucasfilm Gamesとユービーアイソフトが『スター・ウォーズ』新作ゲームの共同制作を発表。2022年に独占契約を終えるEAとの共同プロジェクトも複数進行中

 『スター・ウォーズ』関連のゲーム作品で知られるLucasfilm Gamesは、フランス・パリに本社を置くユービーアイソフトとパートナー契約を結び、ユービーアイソフト傘下のスタジオであるMassive Entertainmentと共同で『スター・ウォーズ』の新作ゲームを開発すると発表した。
 本発表はアメリカ版Wiredの報道で明らかとなっており、報道内容が事実であることをLucasfilm Gamesとユービーアイソフトが認めた形だ。

(画像はLucasfilm Games Hits Lightspeed Toward the Future | StarWars.comより)

 本作については、ユービーアイソフトのオンラインRPG『ディビジョン』シリーズに使われているゲームエンジン「Snowdrop」を採用。『ディビジョン2』(2019)でクリエイティブディレクターを務めたJulian Gerighty氏が本作でもディレクターを担当し、オープンワールド形式でストーリーを重視する作品になるという。なお、Massive Entertainmentは本作のプロジェクトスタッフを募集しており、執筆時点での開発は初期段階にある。

 Wiredの報道によると、Lucasfilm Gamesはウォルト・ディズニー・カンパニーのもとで再出発を切った2012年に、エレクトロニック・アーツ(EA)と10年間の独占契約を結んでいる。ただし、Lucasfilm Gamesの公式ブログでは「EAのチームと共同でいくつかのプロジェクトが進行中」であることも示されており、EAとの関係を完全に終えるわけではないようだ。

(画像はSteam『STAR WARS™:スコードロン』より)

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧