クトゥルフ神話をベースにした一人称視点ホラーゲーム『THE SHORE』リリーストレイラー公開。3Dアーティストがひとりで開発する雰囲気抜群な作品

 アレス・ドラゴニス氏は、自身が開発するクトゥルフ神話をベースにした一人称視点ホラーゲーム『THE SHORE』のオフィシャルリリーストレイラーを公開した。対応プラットフォームはPC(Steam)、英語のみ対応。ゲームは2月19日(金)にリリース予定だ。
 Itch.ioにて体験版も配信中で、ゲーム序盤の謎解きを楽しめる。

 『THE SHORE』の主人公は、亡くなった娘を取り戻す術を探すある父親だ。舞台となるのは難破しながらもたどり着いたとある島。プレイヤーは父親としてこの島で正気を保ったまま生き延び、さまざまな困難を乗り越えて娘を救わなければならない。

 島の秘密に迫るごとに、プレイヤーは深淵へと近づいていく。特筆すべきは寒々とした島の雰囲気だ。島には誰かが残した手記が残されていたり、正体不明の機械が設置されている。使い方を学べば、さらに深い秘密へと足を踏み込めるようになる。
 体験版のとあるパズルを解決すると、灯台に似た巨大な建造物が目覚めて動き出す。こちらのことなど気にすることなく悠然と歩いていくその姿は一見の価値があるだろう。

(画像はSteam『THE SHORE』より)
(画像はSteam『THE SHORE』より)

 また、クトゥルフ神話をテーマにした一人称視点のホラーゲームとしては少し珍しく、プレイヤーは古代のアーティファクトを使って敵を撃退することができる。

 体験版はさまざまな手記を読むことでパズルの解き方を学ぶこともあるので、それなりの英語力を求められる。

 ゲームを開発するアレス・ドラゴニス氏はフリーランスの3Dアーティストだ。写真から3Dモデルを作るフォトグラメトリに頼らず、ゲームのモデルはすべて3DCGソフトウェアZbrushとフォトショップを利用して作ったのだという。
 たったひとりで本作を開発しているが、ゲーム製作には家族の協力が必要不可欠だったと語っている。

(画像はSteam『THE SHORE』より)
(画像はSteam『THE SHORE』より)

 たったひとりで開発が進められる『THE SHORE』は2月19日(金)にリリース予定だ。ゲームに興味がある方はSteamのウィッシュリストに登録して発売を待って欲しい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ