Wii Uの失敗とNintendo Switchの成功について米任天堂の元社長が触れる。Wii Uのセールスを受けて「スイッチは成功しなければならなかった」

 任天堂は第3四半期決算発表にて、Nintendo Switchの販売台数が累計7987万台となったことを発表した。ついにニンテンドー3DSの販売台数を超え、ゲームボーイアドバンス、そしてWiiの背中も見えてきた。

 そんななか、レジーの愛称で知られるニンテンドー・オブ・アメリカの元社長レジナルド・フィサメィ氏が、自身が関わったWiiUとNintendo Switchについて、New York Videogame Awardsのライブストリーミングで語った。

(画像はTwitchより)

 フィサメィ氏はストリーミング中、任天堂に在籍時の自身の決定的な実績を聞かれ、Wii UからNintendo Switchへの移行についてを答えた。生涯販売台数が1356万台だったWii Uについて率直に「とてもパフォーマンスが悪かった」と語り、Nintendo Switchはまさに会社の運命を左右する製品だったと振り返る。

レジナルド・フィサメィ氏 「WiiUの非常に悪いパフォーマンスを考えると、Nintendo Switchが“成功しなければならなかった”のは自明の理です」

 氏はWiiUの売れ行きをバーチャルボーイと比較して少しだけ良かったとしつつも、任天堂が期待した売り上げにははるかに届かず、「最悪の売り上げでした」としている。

 一方、2017年に発売されたNintendo Switchは発売後3年が経過してなお好調。「コンセプトを考え出し、実現し、市場に送り出し、ファーストパーティの優れたコンテンツだけでなく、サードパーティや独立系デベロッパーの優れたコンテンツを提供できたことは、私がつねに誇りに思っていることです」と、フィサメィ氏がニンテンドー・オブ・アメリカを後にする前の最後のプラットフォームについて語っている。

 とはいえ、人事を尽くしたあとは天命を待つしかない。「幸運にもそれはヒットしました」と、幸運が巡ってきたことにも感謝している。

(画像は任天堂公式サイトより)

 第3四半期決算発表では、Nintendo Switchのミリオンセラータイトルが29本になったことが発表された。うち20本が任天堂ファーストパーティタイトル、9本がサードパーティタイトルだ。

 Nintendo SwitchはトリプルAタイトルだけでなく、大人気スペース人狼ゲーム『Among Us』を日本でも発売するなど、フィサメィ氏が言うとおりインディーゲームのリリースにも精力的に取り組んでいる。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ