「本日『ELDEN RING』のニュースはありませんでした」。ゲームのニュースがないことを毎日伝えるYouTubeチャンネルが話題に、ファンは続報を待ち続ける

「こちらはモルデカイ、今日は2月2日です。あなたに本日の『ELDEN RING』ニュースをお届けします。本日、『ELDEN RING』のニュースはありませんでした」

 YouTubeチャンネル「Elden Ring News」は、まったくニュースがないにもかかわらず、2020年6月15日から毎日欠かさず『ELDEN RING』のニュースについての動画を投稿しているチャンネルだ。すでにチャンネルの動画は200本を超え、ついに海外メディアVG247に取り上げられた。

 『ELDEN RING』は『DARK SOULS』シリーズのフロム・ソフトウェアが、‎『氷と炎の歌』(ゲーム・オブ・スローンズ)の作者ジョージ・R・R・マーティン氏を製作に迎えたアクションRPGだ。
 ゲームについての続報はほとんどなく、デビュートレーラーと公式サイトに掲載されたいくつかのスクリーンショットなどが唯一の情報源だ。

 E3 2019で発表されたフロム・ソフトウェアの『ELDEN RING』は、続報のほとんどないまま2021年を迎えた。ゲームを心待ちにするファンは海外掲示板Redditに集まり、いつの間にか独自の神話を作り、存在しないボスやマップ、攻略情報などをお互いに語るようになった。

 もちろんこれらは想像の産物で、本物の『ELDEN RING』本編とは関係がない。

『Elden Ring』の続報が届かず悲しむ海外ファンたち。ある者たちは無関係のツイートをアナグラムで解こうとし、他の者たちは別ジャンルのゲームの話題に目をそらす

 YouTubeチャンネル「Elden Ring News」はジョークのような内容だが、チャンネル登録者は3万人を超えている。少なくとも世界で3万人が、「本日のニュースはありませんでした」以外のニュースを心待ちにしているといえるだろう。

 チャンネルを運営するモルデカイ氏にインタビューを行ったVG247によると、氏がチャンネルを設立したのは2020年に流れた「6月に『ELDEN RING』のニュースがある」という噂を受けてのことだったという。

 大きなニュースを期待した氏だったが、結果は知っての通り何もなかった。そして、氏はチャンネルを新しいニュースが出てくるまでカウントするチャンネルにすることを思い立った。

(画像は『ELDEN RING』公式サイトより)
(画像は『ELDEN RING』公式サイトより)

 Twitter上では、「Is ELDEN RING out yet?」というアカウントも活動している。このアカウントのツイートによると、1月31日には発表から600日が経過したようだ。

 ニュースがないことをニュースにし続けるメディアやチャンネルはほかにもある。3.8万人のフォロワーを持つTwitterアカウント「Is HL3 Out Yet?」もそのひとつだ。すでに10年以上待ち望まれている『Half-Life 3』が発売されたかどうかを伝えるアカウントだ。不定期更新で2020年からはほぼ更新が途絶えてしまったが、2012年から続く老舗アカウントでもある。

 『ELDEN RING』の続報は今年こそ出るだろうか。フロム・ソフトウェアは今日も沈黙を守っている。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ