SNK作品の人気シーンがLINEスタンプ化。「……すごい漢だ。」、「許るさーん!!」など、ファンなら「使わざるを得ない」名シーンをたっぷり収録

 SNKエンタテインメントは、さまざまなSNK作品の印象的なシーンを集めたLINEスタンプ「SNK DOT STYLE vol.1」販売を開始した。価格は250円。

 「覇王翔吼拳を使わざるを得ない」「……すごい漢だ。」など、SNKの人気ゲームから会話のアクセントに使いやすそうなシーンが多数スタンプ化している。
 「用途に関わらず幅広く使えるものばかり。 」とのことなので、LINEを使うSNKファンならどんどん使っていこう。

 また、LINE着せ替え「NEOGEO STYLE」「SNK DOT STYLE」も発売。趣向の異なるふたつのスタイルは、各370円だ。

 「SNK DOT STYLE vol.1」が選んだシーンは、確かにファンなら「使わざるを得ない」チョイスになっている。

 『龍虎の拳』シリーズからは、リョウ・サカザキの「覇王翔吼拳を使わざるを得ない」、まったく忍ばないことで有名な忍者不破刃の「……すごい漢だ。」。『餓狼伝説』シリーズからは宿敵ギース・ハワードの有名な誤植である「許るさーん!!」(ゆるるさーん)。
 どれも半ばネットミームと化している人気のシーンを収録。「許るさーん!!」の誤植は家庭用移植などでは修正されているので、レアシーンといえるかもしれない。

 『風雲黙示録』からは「うおおおお!」と叫ぶ主人公ショー・ハヤテがスタンプ化。力強く掲げるブーメランはファンにはおなじみ、実戦空手にブーメランを融合させた新格闘技「風雲拳」継承者の証だ。

 『サムライスピリッツ』シリーズからはナコルルの「おしおきよ」と「おしおきです」の2枚が収録されている。赤いナコルルは通常版、紫のナコルルは通称「紫ナコ」と呼ばれている。
 「紫ナコ」は元々ただのアナザーカラーだったが、高い人気からひとりのキャラクターとして独立。まったく異なる性能を持つキャラクターとして個性づけられていった。赤ナコと紫ナコ、どちらのファンにも優しい仕様だ。

 ほかにも、『ザ・キング・オブ・ファイターズ』から主人公を差し置いてその父草薙柴舟の「無視かっ!」や、『ベースボールスターズ』シリーズの審判などなど、使いやすいような使いにくいようなスタンプが目白押しだ。

(画像はLINE「SNK DOT STYLE vol.1」より)
(画像はSNKエンタテインメント公式Twitterアカウントより)

  新発売の「SNK DOT STYLE vol.1」は実に濃い内容だ。ボリューム2以降も期待したい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ