『舞台 少女ヨルハVer1.1a』のブルーレイが7月3日に発売決定。原作・脚本ヨコオタロウ氏による全編女性キャストで『NieR:Automata』の前日譚が描かれる舞台劇

 「舞台ヨルハ」製作委員会は、2020年に上映した『舞台 少女ヨルハVer1.1a』のブルーレイを7月3日(土)に発売すると発表した。価格はいずれも税込で、通常版8800円、BD限定版2万2000円、UHD+BD限定版は3万3000円。なお、限定版は予約生産分のみで、予約受付については後日発表となる。

 『舞台 少女ヨルハVer1.1a』は、『NieR:Automata』と世界観を共有した舞台劇『舞台 少年ヨルハVer1.0』をベースにアレンジを加え、登場人物がすべて女性になっている作品。また弦楽器四重奏の演奏家も全て女性で構成されており、ゲームの前日譚が描かれる。

 物語は、自動歩兵人形ヨルハの女性型モデルのテストケースとして創設されたF部隊が描かれる。少女達が訓練する学校のような場所で、物語は主人公九号を含む二期生達の入隊から始まる。先輩モデルとの交流を通しながら学園生活に慣れてゆく新人達。しかし、そこには、ヨルハ部隊に対して疑念を抱く者が現れるようになっていった。

(画像は『舞台少女ヨルハ Ver1.1a』公式サイトより)

 原作・脚本はヨコオタロウ氏、音楽は岡部啓一氏という原作スタッフが務めている。九号をAKB48の大西桃香さん、二号を声優の青木志貴さん、二十一号を声優の小泉萌香さんが演じている。特に二号は『NieR:Automata』のヨルハ二号B型こと「2B」に寄せた役作りをしているので注目だ。

 通常版には本編映像(ED2種)のほか、オーディコメンタリが付属。また限定版には通常版のないように加えて、定点本編映像(千秋楽)、日替わり(アドリブ)パート、バックステージムービー、ビジュアル撮影足利メイキング映像、公演直前ニコ生特番、大千秋楽エンディングロール、さらに新規収録アンレジアルバム(全27曲)、ヨルハ部隊章ピンズ、会場キャラクターポスターレプリカ(全12種)&アクリルフォトフレーム、限定版専用BOXが付属する。

 Amazonプライムでは本作のベースとなった『舞台 少年ヨルハVer1.0』、そして同じく前日譚「真珠湾降下作戦」を描いた『音楽劇ヨルハver1.2』が配信中。『NieR:Automata』の舞台劇に触れたことがない人はこの機会に視聴してみてはいかがだろうか。

 『舞台 少女ヨルハVer1.1a』のブルーレイが7月3日(土)に発売予定だ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ