『ロックマンエグゼ』に影響を受けた『東方Project』ファンゲーム『幻想のハルトマン』、Steamで4月30日より早期アクセス開始へ

 Magic Arcadeは「東方Project」ファンゲームとして制作中の『幻想のハルトマン』について、Steamでの早期アクセスを4月30日(金)に開始すると発表した。

 早期アクセスは約1年を予定しており、現在のところ1ステージまでをプレイ可能とのこと。

 『幻想のハルトマン』『ロックマンエグゼ』シリーズに着想を得て制作されているPC向けアクションRPG。上海アリス幻樂団の手がけた『東方地霊殿』以降のゲームを題材とした『東方Project』のファンゲームだ。

 舞台は幻想郷。妖怪は弾幕が使えなくなり、多くの人が電子の世界に囚われる『電脳異変』が突如この世界を襲う。プレイヤーは電脳異変を解決すべく、現実世界では古明地こいし、電脳世界では古明地さとりとなって、ふたつの世界をまたにかけ探索やバトルを繰り広げていく。

 特徴的なのは、敵とのバトル。3マス×3マスで構築されたフィールドを移動し、相手の攻撃や記憶を真似た東方キャラのスペルカードを使って戦いが楽しめる。スペルカードは、組み合わせてコンボを発動することも可能だ。

 また、ゲーム内では『東方Project』のキャラクターが登場するのはもちろんのこと、相手の弾を避けるグレイズシステムなど『東方Project』要素がふんだんに盛り込まれている。

 『東方Project』ファンの方は、4月30日(金)からの機会に試されてみてはいかがだろうか。なお、正式版は9ステージのボリュームで12月14日(火)のリリースを予定しているとのこと。
 
 キャラクター紹介などリリース全文は、以下のとおり。

『幻想のハルトマン』が4月30日にSteam早期アクセス開始!
古明地姉妹を主人公としたグリッド式アクションRPG

STEAMページ
https://store.steampowered.com/app/1582540/_/


Magic Arcade(マジックアーケード)は4月30日、「東方Project」のファンゲーム『幻想のハルトマン』の早期アクセスをSteamで開始します。
本作は『東方Project』でおなじみの「上海アリス幻樂団」様が制作するゲーム「東方地霊殿」以降のゲームを題材としたアクションRPGとなっています。
戦いやイベントで入手した東方キャラの『スペルカード』を使った攻撃や相手の弾を避ける『グレイズ』システムなど至るところに「東方Project」の要素を盛り込んでいます。
早期アクセスの期間は約1年を計画しており、早期アクセスでは現在1ステージまで遊ぶことが可能。正式版は12月14日で、9ステージとなる予定です。

■『幻想のハルトマン』とは?

「幻想のハルトマン」は東方projectの二次創作で「幻想郷」を舞台とするアクションRPGです。幻想郷でおこる『電脳異変』をめぐり、プレイヤーは現実世界では古明地こいし、電脳世界では古明地さとりを操作して異変を解決することになります。
いろいろな人と話し、多くのものを調べ、情報カードを手に入れて、謎を解き明かしていきましょう。電子化された妖怪『電脳ウイルス』との戦闘では、3×3のマス目で構成されたエリアを動き、スペルカードを使って戦います。

■ゲーム画面

■ストーリー
200X年・・・幻想郷暦第123季日と冬と木の年。
技術革新とも言えるあの異変から
幻想郷には電子機器があふれ
便利な生活をしながらも変わらず過ごしていた。

そして202X年・・・幻想郷暦第14X季。
幻想郷を突如襲った「電脳異変」。
妖怪たちは弾幕が使えなくなり、多くのひとびとが電子の世界にとらわれてしてしまう事態に陥った。
こいしは電子化してしまったさとりをスマートホンに入れ、さとりはこいしの肉体を依代(よりしろ)に電脳世界で弾幕ごっこを繰り広げる。

■キャラクター
主人公のさとりを始めとする多くの「東方project」のキャラクターたちは電子体としてスマホなど電子端末に存在し、現実世界の肉体を持てないでいます。彼女たちを「ウィザード」として登録し、融合することで「電波体」となり、電波の道『ウェーブロード』上を行き来したり、電子機器の内部『電脳世界』を探索したりできるようになります。


◆古明地こいし/古明地さとり
地底の旧地獄を管理する古明地さとりと地上で冒険をする古明地こいし。電子化してしまったさとりを地上で拾ったスマートホンに入れ、元に戻すために異変を解決することになる。脳波変換することで『エス・ハルトマン』になる。

◆水橋パルスィ/アグレシアス
ポジティブに、かつ妬ましく。地底にある橋を守っていた水橋パルスィ。彼女は電波体が見えるビジライザーを手に入れたことから、地上に関わりをもつことになる。ウィザードはIM星と呼ばれる星から来た関西弁を話すアグレシアス。脳波変換することで『アグレス・ゼロシア』となる。

◆東風谷早苗/八坂神奈子
地底の間欠泉管理センターの責任者である東風谷早苗。電脳異変で電子化してしまい変わり果てた姿になった八坂神奈子を元に戻すため同行する。脳波変換することで『ラヴィン・サーペンス』となる。

■システム
◆情報カード
さとりは情報を整理するのが大好き。自身の使う情報カードに聞いた事や調べたことがストックされます。困った時に証拠として使うこともあります。
◆スペルカード
戦闘中は相手の攻撃や記憶を真似た「スペルカード」が使用可能。スペルカードの組み合わせでコンボ決めて華麗に敵を倒しましょう!
◆グレイズ
グレイズに成功すると攻撃を回避でき、カスタムゲージが早く貯まります。
◆アビリティカード
幻想郷の妖怪の力を宿したカードです。5枚登録することで能力を追加することができ、特殊な組み合わせになるとボーナス能力が追加されます。

【製品概要】
タイトル 幻想のハルトマン(ゲンソウノハルトマン)
開発元 Magic Arcade
ジャンル データ弾幕シューティングアクションRPG
プレイ人数 1人
対応ハード PC(Steam)
配信日 2021年4月30日
価格 無料
STEAMページ https://store.steampowered.com/app/1582540/_/
公式サイト https://magicarcade.web.fc2.com/
コピーライト ©上海アリス幻樂団 ©Magic Arcade
Published by Magic Arcade
Steamは、米国およびまたはその他の国のValve Corporation の商標およびまたは登録商標です。

ライター
小学生の頃にセガの『シェンムー 一章 横須賀』をプレイして以来、ゲームに夢中です。 将来はゲームを作りたいとゲームプランナーを志すも紆余曲折あり、現在は経済学を教えるジョブなどをやっています。 未来を感じられるようなワクワクを体験できるゲームとそれを生み出すクリエイターが大好き!
Twitter:@totetote114
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ