『マイクラ』RTAでついに10分を切る世界記録か。ただしゲームの一時停止に対する議論のため、集計サイトには現在未登録

 『マインクラフト』スピードランナーのBrentilda氏が、『マインクラフト』Javaエディションバージョン1.16のランダムシードグリッチレスルールで9分38秒という記録を出して世界記録を更新した。

 以前の世界記録はTheeSizzler氏の11分20秒。Brentilda氏の記録はまだSpeedrun.comには登録されていないが、正式に認められれば世界初の10分切りを達成したランナーとなる。

 現在このランについてさまざまな議論がなされている。疑問視されているのは、9分30秒頃に30秒ほど入った一時停止だ。ルールとしては認められている行為だが、リアルタイムでのランであることを求める声も多い。Speedrun.comのフォーラムでも、ルールに沿った行為であり、非凡なランであることを認めるとしながらも「リアルタイムであるべきだ」という声が見られる。

 基本的に多くのスピードランニングでは一時停止は認められている。『マインクラフト』も同様だ。しかし、今回問題になっているのは、3月に発見された「Divine Travel」(神の旅)と呼ばれる技術がポーズ中に使われているのでは?ということのようだ。
 Divine Travelは動物と骨を使って要塞の場所を予測する方法だ。マシュー・ボラン氏が原理をまとめている。50分以上の英語の動画だが、興味がある方は確認してほしい。

 とはいえこの一時停止がプレイ時間としてカウントされても、十分に世界記録になる。議論がまとまれば、しかるべきタイムで世界記録として登録されることが予想される。

 ほかにもこのランでは、非常に高い視野角やモンスターのヒットボックス表示など、通常のゲームプレイではあまり使わない技術が用いられている。Redditユーザーの53rp3n7氏によると、視野角を高くしたりエンティティの描画距離を変更すると「砦の遺跡」が見やすくなるのだという。また、ヒットボックス表示により、ラスボス・エンダードラゴンを倒しやすくなる。普通に遊ぶときは使わないような技術を見られるのも、スピードランの醍醐味だろう。

(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)

 果たしてこのランは正式に認められ、世界初の10分切りの記録となるだろうか。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ