美しいピクセルアートによるアニメが魅力の”日本式”RPG『Jack Move』日本語対応決定。イギリスと台湾に住むクリエイターが手がけるJRPG

 イギリスと台湾に拠点を置くゲーム開発会社のSo Romanticは、2Dピクセルアートのアニメが美しい”日本式”RPG『Jack Move』について、日本語ローカライズの実装決定を発表した。本作は2021年発売予定。対応プラットフォームはNintendo SwitchとPC(Steam)を予定している。

 『Jack Move』は、サイバーパンクをテーマにし、日本のRPGに強く影響を受けたRPGだ。ハイテクと裏社会の影が入り交じった「VHS時代」のサイバーパンクシティが舞台だ。
 主人公は、そんな都市で自警ハッカーとして活動するノア。行方不明なった父親を追ううちに、殺人、誘拐、暗黒の研究、巨大企業による陰謀の世界へと足を踏み入れる。

 本作の大きな特徴は、美しい2Dピクセルアートだ。ワールドマップの2Dアートも美しいが、戦闘画面のピクセルアートアニメはため息が出るほどだ。単純な攻撃でもアニメーションし、必殺技のアニメーションはエフェクトも気持ちいい。

(画像はSteam『Jack Move』より)
(画像はSteam『Jack Move』より)
(画像はSteam『Jack Move』より)

 戦闘はターン制になっており、サイバースペースで攻撃、防御、支援の役割を切り替えながら戦う。必要なソフトウェアをロードし、戦闘を有利に進めよう。能力向上はハードウェアのアップデートで行う。インストールできるソフトウェアの数を増やしたり、ステータスの向上やノアに新しい能力を与えてくれる。

 敵として現れるのは、ストリートパンク、ギャング、企業民兵、シークレットサービスのエージェント、そして恐ろしいサイバー実験体。サイバーパンクな物語ではおなじみとなる面々が待ち構えている。

 一方、ゲームにはノアだけでなく、戦術的な作戦を立てる親友のライダー、マティーニを好む元企業スパイのグインも仲間として登場。ノアの困難な旅を助けてくれる。

 ゲームデザインや環境アート、プログラムを担当したエド・パリス氏は、「日本の皆さんもゲームを楽しんでくれることを望んでいます」とTwitterで語っている。

 『Jack Move』は日本語に対応して2021年発売予定。Nintendo Switchの国内販売にも期待したいが、ゲームに興味がある方はSteamのウィッシュリストに登録して続報を待ってほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ