オリンピック公式eスポーツイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」発表。採用タイトルには『パワプロ2020』や『グランツーリスモ』など国産タイトルも

 国際オリンピック委員会(以下、IOC)は、「オリンピックバーチャルシリーズ」(OVS)の開催を発表した。オリンピック史上初となるバーチャルイベントだ。現地時間5月13日(木)から始まり、6月23日(水)まで1カ月以上にわたって続く。

 種目は5つ。そのうち『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』(パワプロ 2020)『グランツーリスモ』の2本が国産ゲームとして採用。ほかにもエアロバイクを使ったバーチャルサイクリングゲーム『Zwift』、ヨットレースゲーム『Virtual Regatta』などが採用された。

(画像はオリンピック公式サイトより)

 オリンピックバーチャルシリーズは、世界中の仮想スポーツ、eスポーツ、ゲーム愛好家などオリンピックの新たなファンにリーチすることを目的にしたイベントだ。「オリンピックアジェンダ2020 +5」の提言に沿って、身体的・非身体的な形態のスポーツの発展を促す。

 「オリンピックアジェンダ2020 +5」の提言には、経費削減やドーピングや八百長などの不正防止強化に加え、バーチャルスポーツのオリンピック採用の検討やジェンダー平等の促進、収益の多様化などが織り込まれていた。

 世界中から選手がオリンピックバーチャルシリーズに参加する様子は、オリンピック公式サイトから視聴できる予定だ。視聴方法はまた後日詳しく発表があるという。

(画像は『eBASEBALLパワフルプロ野球2020』より)

 コロナ禍も続く昨今、大規模なイベントは開催が難しくなっている。ビデオゲームのオンラインイベントは、「バーチャルイベントの採用」や「ジェンダー平等の促進」、「収益の多様化」といったIOCの意向にも沿っているため、今後も同様のイベントが増えるかもしれない。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ