GENDA取締役にスクウェア・エニックス元社長の和田洋一氏が就任したと発表。昨年12月にセガ エンタテインメントの株式を取得した会社

 株式会社GENDAは、スクウェア・エニックス元社長の和田洋一氏を迎え、同氏が取締役に就任したと発表した。

 GENDAは、アーケードゲームのレンタルのほか、オンラインクレーンゲーム『GOTON!』『LIFTる。』の運営を手掛けている会社。昨年12月30日付で株式会社セガ エンタテインメントの株式の85.1%を取得し、あわせてセガ エンタテインメントの社名を「株式会社GENDA SEGA Entertainment」へ変更しており、「SEGA」ブランドでアミューズメント施設を195店舗運営。中国、米国でも事業を展開している。

(画像は「GENDA SEGA Entertainment」公式サイトより)
(画像はGENDA取締役にスクウェア・エニックス元社長の和田洋一氏が就任 | 株式会社GENDAより)

 今回、取締役に就任した和田洋一氏は、2000年に株式会社スクウェアに入社。2001年、同社代表取締役社長兼CEOに就任。2003年、株式会社スクウェア・エニックス代表取締役社長に就任。その後、株式会社タイト―の代表取締役社長を兼任。2008年から2013年まで持株会社スクウェア・エニックス・ホールディングス代表取締役社長を務める。2015年、株式会社メタップス取締役に就任。社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)会長や、経団連の著作権部会長なども歴任している人物だ。

 GENDAは、今回の和田洋一氏就任に関して「エンターテイメント及び金融領域への知見が深く、10年以上にわたり上場企業の経営に携わってきた和田洋一氏の経営参画により、一層強固な経営体制を構築してまいります」とコメントを発表している。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ