伝説のカルトゲーム『バロック』の展示会が秋葉原で開催決定。異形のフィギュアやイラストおよび設定資料などを5月14日から展示

 INDOR incは、ダークファンタジーRPG『バロック』の展示会「BAROQUE Exhibition」を東京・秋葉原で開催すると発表した。会場はDUB GALLERY AKIHABARA。入場料は税込1000円で、時間は正午から20時まで(日曜休み)。期間は5月14日(金)から5月29日(土)となっている。

 『バロック』は1998年にセガサターンで発売した発売したアクションRPG。奇怪な事件が多発し、不気味な新興宗教が勢力を増し、化け物が人を殺しているという噂が絶えない。平均寿命は恐ろしく低下しつつある西暦2000年をすぎたころ、巨大な災害「大熱波」が地球を襲った。罪の意識だけを残して記憶をなくした主人公は、この歪な世界で翼をつけた人物に命じられるまま、怪物が跋扈する「神経塔」に挑むことになる。

 その歪んだ陰鬱な世界観とローグライク要素がある独自のゲームシステムからカルト的人気を誇った『バロック』。2020年にはNintendo Switch移植版が発売されたり、前日譚『バロック・シンドローム』がスマートフォンで展開をするなど、ふたたびリバイバルが起こっている。

(画像はBAROQUE Exhibitionより)

 今回の展示会では、『バロック』の設定資料、イラストを中心に異形などのフィギュアを展示。「主人公」、「ニクリとニクラ」、「ジェィイロム」などのフィギュアほか、「グリロ」、「マジシャン」イラスト、「セブンティーン」設定画などを余さず公開。こうしたものは写真撮影も可能だという。

 また会場ではオリジナルアイテムを販売しており、「ハーフTシャツヨハンナ・キョン」(税込4180円)、「アクリルフィギュア上級天使」(税込1320円)、「ビーズクッションブルガー」(税込3850円)などが購入することができる。

(画像はBAROQUE Exhibitionより)
(画像はBAROQUE Exhibitionより)

 なお、会場から少し離れた同じ秋葉原にある「TOKYO VIDEO GAMERS」にて、コラボドリンクメニューを実施。注文された方にはオリジナルラバーコースターをプレゼントするという。詳しくは公式サイトを確認して欲しい。

 『バロック』の展示会「BAROQUE Exhibition」は、DUB GALLERY AKIHABARAにて5月14日(金)から5月29日(土)まで開催予定だ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ