プロゲーマーの「ウメハラ」こと梅原大吾氏が退院を報告。「掛からない方がいい」と新型コロナウイルスに感染した話を自身の配信で披露

 新型コロナウイルスに感染し、入院生活を送っていたプロゲーマー「ウメハラ」こと梅原大吾氏が、本日5月22日に無事退院したことを自身のTwitterアカウントで報告。支えてくれた病院関係者やファンに感謝を伝えている。

 同日14時頃に配信も行っており、元気な姿を見せている。

 梅原氏は言わずと知れた、世界でもっとも有名なプロゲーマーのひとりだ。『ストリートファイター』シリーズの世界大会常連で、「EVO 2004」の伝説的な伝説的な「背水の逆転劇」は今でも語り草になっている

 そんな氏が新型コロナウイルスの感染を報告したのは5月8日。5日に「風邪気味なのでラジオはお休みします」とツイートしていたが、検査で新型コロナ感染が判明。自宅療養することを報告していた。後日入院していたことを、ふ~ど氏が公表した

(画像はMildomより)

 氏の配信によると、新型コロナウイルス感染症の重症度は3段階に分かれており、氏は2段階目の「中等症」だったという。(参考:きし内科クリニック)自身は2段階目だったが、もし重症だったら「これは死ぬぞ」と、つらかったことを語っている。ほかにも、職業について「プロゲーマー」と答えるべきか悩んでいたところ、担当医が氏のことを知っており、ファンだと言われたことなど入院中の思い出を振り返っている。

 トイレに行くたびに死を覚悟するほどのつらさを体験したことや、息ができずに夜中に目が覚めてナースコールを押したことを紹介し、「新型コロナにはからない方がいい」ことや「最初は入院したくなかったが、入院した初日で入院して良かったと思った」ことなど、新型コロナウイルスに感染した経験を披露し、視聴者に注意を呼びかけた。

(画像はDAIGO UMEHARA OFFICIAL SITE :: ウメハラ オフィシャルサイトより)
ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ