2ちゃんねるの「ひろゆき」こと西村博之氏が、児童養護施設にゲーミングPCを配布へ。「ゲームからパソコンに興味を持ってほしい」と120台以上を寄付

 匿名掲示板「2ちゃんねる」を作ったことで有名なひろゆきこと西村博之氏が、「パソコンを児童養護施設に配布する計画」で配布するパソコンのスペックを発表した。児童養護施設の申し込みフォームは後日設置するとのこと。

 「パソコンに興味を持ってもらうために、きちんとゲームも出来るPCを配布しようと思っています」と、ゲームをきっかけにパソコンに興味を持ってくれることを念頭に置いているという。

 そのため、『マインクラフト』『エーペックスレジェンズ』『フォートナイト』『リーグ・オブ・レジェンド』といった子どもにも人気のゲームが動くスペックとなっている。パソコンは合計128台、パソコンのみでも合計約2000万円の支援となる。詳細なスペックは以下のとおり。

ドスパラ Dospara (URLの製品とは違う構成です。)
 Lightning AT5 16GB搭載モデル
 Windows 10 Home 64ビット
 AMD Ryzen 5 3500 (3.6GHz-4.1GHz/6コア/6スレッド)
 NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
 16GB メモリ DDR4-2666
 512GB NVMe SSD (M.2 2280,読込速度 3200MB/s,書込速度 2000MB/s)
 DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
 AMD A520チップセット マイクロATXマザーボード
 モニター Viewsonic XG2405-7 (23.8″W 2H1DP 1ms IPS 144Hz)
 ロジクール G203-BK (有線 ゲーミングマウス)
 webカメラ ロジクール C310n
 35台 496万6500円


TSUKUMO (URLの製品とは違う構成です。)
 G-GEAR mini GI5J-B201/T
 Intel Core i5-10400 プロセッサー 2.90 GHz(最大4.3 GHz) 6コア
 NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
 16GB メモリ DDR4-3200
 500GB SSD (SATA / 6Gbps)
 光学ドライブ(DVD)なし
 Windows 10 Home
 モニター HP 23.8ワイドIPS液晶モニターP24V
 webカメラ エレコム 500万画素
 32台 492万9760円


マウスコンピューター (URLの製品とは違う構成です。)
 G-Tune PM-B-L 2106PM-B460-L
 Intel Core i5-10400 プロセッサー 2.90 GHz(最大4.3 GHz) 6コア
 NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
 16GB メモリ DDR4-2666
 SSD 512GB M.2 PCI Express
 光学ドライブ(DVD)なし
 Windows 10 Home
 モニター iiyama XU2390HS-B5 23型ワイドLCD/1920×1080/BK
 webカメラ ロジクール C270n
 30台 494万3400円


パソコン工房 (URLの製品とは違う構成です。)
 LEVEL-M056-114-RJX
 Intel Core i5-11400 プロセッサー 2.60 GHz(最大4.4 GHz) 6コア
 NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER 6GB
 16GB メモリ DDR4-2933
 500GB SSD M.2
 DVDスーパーマルチドライブ
 Windows 10 Home
 ロジクール G331 Gaming Headset
 ロジクール G402 Ultra Fast FPS Gaming Mouse(有線/8ボタン)
 Dell E1920H 18.5インチワイドモニター
 webカメラ ロジクール C270n
 31台 489万6078円

 構成を見たところ、現行のミドルスペックゲーミングPCといった感のある構成となっている。CPUは構成によって会社が異なるが、おおむねミドルスペックといえる。「NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER」を中心に、メインメモリ16GB、補助記憶装置がSSD 500GB、モニター付き。また、マウスやキーボード、Webカメラのほかに一部の構成にはゲーミングヘッドセットも付属している。

 インターネット回線は自前で用意する必要があるが、2020年5月に政府は補正予算の「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」にて、児童養護施設などのオンライン授業対応についても補助金を出すとしている。(参考:NPO法人ライツオンチルドレン

 最新のゲームを4K60fpsで遊ぶというならさすがに力不足だが、子どもにも人気がある『マインクラフト』や『フォートナイト』をフルHDで遊ぶなら十分なスペックだ。もちろん、Unityなどを使ったゲーム制作や、ほかのクリエイティブな活動をすることも十分できるだろう。

 西村氏は、申し込みしてほしい施設については以下の通りと記している。

「子供がゲームをやるためにパソコンを設置するなんてけしからん!」と考える児童養護施設の方の考え方も尊重します。
なので、子供達がゲームをする環境を整えて、子供が自主的に学ぶことをサポート出来る施設の方にお申込み頂きたいと思っています。

 慈善事業として子どもにパソコンを配布するという活動は、少し前では「One Laptop per Child」として100ドルのノートPCの生産が行われたり、2020年にはNPO法人ライツオン・チルドレンが児童福祉施設等で暮らす子どもに向けた「パソコン寄贈&オンライン講習会」プロジェクトを立ち上げたり、政府も全国の小中学校で全生徒にパソコンを1台ずつ配備する「GIGAスクール構想」を推進するなど、官民がさまざまな取り組みを行っている。

 一方で、それらの活動で配布されるPCは、その規模からもコストを抑えたものが主流に見える。ゲーミングスペックのPCを寄贈しようとする動きは見られない。西村氏のプロジェクトは、その点が大きな違いといえるだろう。

(画像はマウスコンピューター通販サイトより)
(画像はドスパラ通販サイトより)

 いちゲームファンとして、子どもがゲームからパソコンに興味を持つことを助ける支援は大いに支持したい。西村氏のプロジェクトが成功し、すべてのパソコンがそれを必要とする子どもに送り届けられるのを祈るばかりだ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ