『HD-2D版 ドラゴンクエストIII』発表。名作がHD-2Dグラフィックを用いて新しく生まれ変わる

 スクウェア・エニックスは、配信番組『「ドラゴンクエスト」35周年記念特番』『HD-2D版 ドラゴンクエストIII』を発表した。コンソール向けにリリース。世界同時発売予定。

 ドット絵と3DCGを融合させた「HD-2Dグラフィック」が特徴。開発はあまた株式会社とSQEX浅野チームが担当する。

 

 『HD-2D版 ドラゴンクエストIII』は、1988年に発売されたファミリーコンピュータ用RPG『ドラゴンクエスト III そして伝説へ…』のリメイク。スーパーファミコンからPlayStation 4まで、さまざまな機種に移植されたシリーズ屈指の人気作だ。

 「HD-2D」とは、ドット絵をベースとした背景に3D的な効果を加えることで、独特の立体感や空気感を表現する手法だ。『オクトパストラベラー』で採用され、その箱庭風のグラフィックが大きな話題となった。

 リメイク版のプロデューサーは「HD-2D」の走りとなった『オクトパストラベラー』の制作にも携わった早坂将昭氏。氏によると、当時『ドラクエIII』を遊んだ大人だけでなく、初めてプレイする子どもでもわくわくしてもらえるような作品を目指すという。

 番組に出演した『ドラクエ』の生みの親、堀井雄二氏も「初『ドラゴンクエスト』がこれであってもいいと思う」と太鼓判。なぜ『ドラクエIII』をリメイクするのかという質問には、「一番思い入れがあったから、いきなり「3」からつくっちゃう」と答えた。しかし、『ドラゴンクエスト』『ドラゴンクエストII』のリメイクも「できればやりたい」と語った。

 できればやりたいと語っているが、かなりやる気であることも覗かせている。かつて『ドラクエ』から順番にプレイすると『ドラクエIII』で意外な展開があったが、今回は『HD-2D版 ドラクエIII』から始まって(おそらくリメイク版)『ドラクエ』をやり、『ドラクエII』のところで意外な展開を考えてるんで……という発言が堀井氏から飛び出したところでホイッスル。かなり気になるところで発言が止められてしまった。

(画像はYouTube『「ドラゴンクエスト」35周年記念特番』より)
(画像はYouTube『「ドラゴンクエスト」35周年記念特番』より)
(画像はYouTube『「ドラゴンクエスト」35周年記念特番』より)
(画像はYouTube『「ドラゴンクエスト」35周年記念特番』より)

 『HD-2D版 ドラゴンクエストIII』は現在鋭意開発中。今後の情報も期待して待ちたい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ