任天堂が「任天堂資料館」(仮)を発表。工場用地と建屋を同社が過去に発売した商品を展示する資料館施設として再利用

 任天堂は、京都府宇治市小倉町の任天堂宇治小倉工場用地および建屋を、過去に同社が発売した商品を展⽰する資料館施設「任天堂資料館」(仮)として利用すると発表した。2023年度(2024年3月期)完成予定。

 「任天堂資料館」(仮)は、展示と体験を行う観光施設としての集客を目指す。

(画像は任天堂公式サイトより)

 任天堂宇治小倉工場用地は、1969年に「宇治工場」として京都府宇治市小倉町に建設され、新工場の建設や増改築に伴い1988年に「宇治小倉工場」に改称。おもにトランプ・花札の製造や、サービスセンターとしてゲーム機の修理業務を請け負っていた。

 これらの業務は2016年11月に宇治工場に移管され、残った宇治小倉工場の用地および建屋利用が検討されていた。

 任天堂は以前から同社のものづくりに対する考えを広く紹介し、過去に発売した商品を展示する資料館施設の設置を検討していたという。近鉄小倉駅周辺の活性化を図る宇治市の意向も受け、宇治小倉工場を任天堂資料館にリノベーションすることを決定した。

(画像はNintendo Switch公式サイトより)

 新型コロナウイルスの感染拡大により2022年春開業となった、任天堂旧本社ビルを改装したホテル(参考:日本経済新聞)に続き、「任天堂資料館」(仮)が2023年から2024年に開業となる。ゲームファンの観光地としても、京都の注目度はさらに高まりそうだ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ