タイトーが1990年代までにリリースしたアーケードゲーム40本を収録した「EGRETⅡ mini」発表。SDカードでのゲーム追加や、画面の縦横回転に対応したミニアーケードゲーム機

 株式会社タイトーは6月4日(金)、卓上ゲームセンター「EGRETⅡ mini(イーグレットツー ミニ)」を2022年3月2日(水)に発売すると発表。公式サイトにて予約受付も開始した。本体価格は1万8678円、専用のトラックボールやコントロールパッドなどを同梱したフルパッケージは4万9478円となっている。

 本体内蔵ゲームは40本、別売の拡張セットを買えば50タイトルをプレイ可能。また、拡張セットは今後も発売される予定だ。

 「EGRETⅡ mini」は、1978年~1990年代のタイトーアーケードゲームを収録するアーケード筐体「EGRETⅡ」のレプリカだ。『スペースインベーダー』『バブルボブル』、拡張セットでは『アルカノイド』などが用意されている。6ボタンアーケードスティックと4:3の5インチモニタを搭載。

 大きな特徴は、モニタの回転機能だ。縦横を切り替えることができるので、縦シューティングのような縦画面のゲームも画面サイズを小さくすることなく遊べるだろう。またSDカードスロットを備えており、拡張セットで収録ゲームを増やすこともできる。ジョイスティックは4方向と8方向の切り替えが可能。まさに、多数のアーケードゲームを収録するための筐体といえる。

 すべてのタイトルは発表されていないが、現時点での収録タイトルは以下のとおり。

本体収録タイトル
『スペースインベーダー』
『ルナレスキュー』
『クイックス』
『エレベーターアクション』
『チャックンポップ』
『バブルボブル』
『ラスタンサーガ』
『レインボーアイランドEXTRA』
『ニュージーランドストーリー』
『ドンドコドン』
『バイオレンスファイト』
『カダッシュ』
『ミズバク大冒険』
『メタルブラック』
『カイザーナックル』

拡張セット
『ストライクボウリング』
『アルカノイド』
『プランプポップ』
『サイバリオン』
『キャメルトライ』
『アルカノイドリターンズ』

(画像はTAITO ARCADE SELECTION公式Twitterアカウントより)
(画像はTAITO ARCADE SELECTION公式Twitterアカウントより)
(画像はTAITO ARCADE SELECTION公式Twitterアカウントより)

 TAITO ARCADE SELECTION公式Twitterアカウントでは、この発表を記念して手のひらで遊べる小型アーケード筐体レプリカ「MY ARCADE」を合計6名にプレゼントするキャンペーン中だ

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ