『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』続編の新映像が初公開。遙か天空を滑空するリンクの勇姿が印象的なものに。発売は2022年

 任天堂は、ゲーム情報番組「Nintendo Direct | E3 2021」にて『ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルド』続編の新映像を発表した。また発売予定時期が2022年であることも明らかになっている。

 「Nintendo Direct | E3 2021」では、『ゼルダの伝説』シリーズのプロデューサー青沼英二氏が登場。「最初の発表から何もお伝えできなかったが、開発は順調に進んでいます」と報告。続いて新しい映像が発表された。

 公開された映像では、壮大な音楽とともにリンクが遙か空を滑空するシーンが登場。今回は「天空」が重要な要素となりそうだ。また前作でも登場したロボット兵器「ガーディアン」の姿も確認ができた。

 シーカーストーンを使った特殊能力は顕在のようで、前作でもあった「ビタロック」のような対象物の時間を停止する能力のほかにも、壁をリンクが突き抜けるような能力を使っている映像が登場した。

(画像はYouTube「Nintendo Direct | E3 2021」より)
(画像はYouTube「Nintendo Direct | E3 2021」より)
(画像はYouTube「Nintendo Direct | E3 2021」より)
(画像はYouTube「Nintendo Direct | E3 2021」より)
(画像はYouTube「Nintendo Direct | E3 2021」より)

 映像の最初には一瞬だが、本作の敵と見られる黒い人影のような存在、また映像の最後にはガノン城とおもしき、邪悪な雰囲気を漂わせる城が登場しており、リンクの前に脅威として立ちふさがりそうだ。

 発売は2022年ということで、前作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が発売した2017年から約5年ぶりの新作となる。数々のゲーム・オブ・ザ・イヤーを獲得した前作『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』からの待望となる続編となる本作は、今回の発表でついにその一端が明らかになった形だ。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ