国内最大級のリアルタイムアタックイベント「RTA in Japan Summer 2021」バックアップを含む全72タイトルが公開。新たな協賛パートナーとして日清食品や“サクラチルビーツ”も参加

 一般社団法人RTA in Japanは、国内最大級のリアルタイムアタック(以下、RTA)イベント「RTA in Japan Summer 2021」で披露される全72タイトルを6月27日(日)に発表した。なお、発表作品には15タイトル分のバックアップ(補欠)も含まれるほか、同日からはイベントの進行を手助けするボランティアの募集もスタートしている。

 本イベントはオンライン形式の夏季イベントとオフライン形式の冬季イベントで年2回開催だ。しかし、昨年末の「RTA in Japan 2020」は新型コロナウイルスの影響によってオンライン形式への切り替えを余儀なくされている。

(画像は「RTA in Japan」公式サイトより)

 RTAは海外で「Speedrun(スピードラン)」とも呼ばれる遊び方。さまざまなルールが制定されたカテゴリのもと、指定された区間を“実時間”でいかに早くクリアするかを競う。国内外を問わずにRTAイベントは大小さまざまな規模で開かれているが、RTA in Japanは世界最大級のRTAイベント「Games Done Quick」に次ぐ規模となっている。

 さらに今回は、イベント開催における協賛・パートナー企業として日清食品による協賛が発表。また、昨年に続いてレッドブル・ジャパンやアパレルブランド「無敵時間」が名を連ねているほか、24時間ノンストップのYouTube音楽配信チャンネル「サクラチルビーツ(Sakura Chill Beats)」も新たに加わった。

 今回披露されたタイトルには『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『ポケットモンスター ソード&シールド』といった有名作品から、37年ぶりにフルリメイクで復活したPC用“乗り鉄”ゲーム『新・北海道4000km』のようなディープなものまで、さまざまなタイトルが並んでいる。

 なかにはすごろくゲーム『桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番!~』で作中最高額の物件を購入するルールや、2020年末に発見されたバグで大幅にクリアタイムが短縮された野球ゲーム『メジャー Wii パーフェクトクローザー』も選ばれているようだ。

(画像はゲームソフト | SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE | プレイステーションより)
(画像はマイニンテンドーストア『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!』より)

 配信プラットフォームのTwitch等で発生した収益は全額、今回も国境なき医師団へ寄付される。開催期間中のタイムスケジュールは後日発表となっているので、興味があれば続報を待ってみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧