ふたりプレイ必須の18禁協力型ホラー『Eronoctosis』がSteamにて7月30日リリースへ。先を照らすライトと敵を倒すカメラを分担して仲良く先を目指そう

 ゲーム開発会社Dream Toaster Gamesは、18歳未満プレイ禁止の協力プレイ専用ホラーゲーム『Eronoctosis: Put Yourself Together』をSteamにて7月30日に発売することを発表した。

 ゲームはすでにitch.ioにてリリースされており、インストール方法の最初に「友達をつかまえる」と書かれている。18歳以上の友達を捕まえた上でゲームをプレイしてほしい。

(画像はSteam『Eronoctosis: Put Yourself Together』より)

 『Eronoctosis: Put Yourself Together』はピクセルアートが美しい一人称視点協力型ホラーゲーム。ゲームに参加したプレイヤーのひとりは懐中電灯、もうひとりはカメラを持って協力する。

 役割分担は主に懐中電灯のプレイヤーが先を照らし、カメラのプレイヤーが仕掛けを解くことになる。カメラで仕掛けやモンスターを写すと魔方陣が表示され、そのまましばらく撮影すると仕掛けが作動したり、敵を倒したりできる。モンスターや仕掛けをカメラで写すにはライトで照らさなければならない。そのためふたりで協力して進むことが重要になる。

 もしも敵に見つかってしまうと首が飛ばされて残酷な死を迎える。お互いがコミュニケーションを密にとりながら慎重に進もう。

 なお、本作の18歳未満禁止の要素は主に敵の造形だ。性器を模したモンスターが登場するため、そういった表現が苦手なプレイヤーは注意して楽しんでほしい。また、プレイヤーの首が飛ぶのもショッキングな要素といえるだろう。基本的には荒いピクセルアートで表現されているが、これらの表現が本作を18歳未満のプレイを禁じている理由だと思われる。

 ちなみに、専門の「性器コンサルタント」が開発スタッフとしてクレジットされている。

(画像はSteam『Eronoctosis: Put Yourself Together』より)
(画像はSteam『Eronoctosis: Put Yourself Together』より)
(画像はSteam『Eronoctosis: Put Yourself Together』より)

 筆者を含む一部のプレイヤーには「友達を捕まえる」というインストール条件がホラーや18禁要素以上に難しいかもしれない。Steamでリリースされれば多少改善される可能性はある。ゲーム自体はかなり面白そうなので、なんとか友達を見つけよう。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧