新作リズムゲーム『DEEMO II』プロデューサーがストーリーやゲームシステムを紹介する最新映像公開。“開発が順調にいけば”2021年末に配信予定

 台湾へ拠点を置くRayarkは、7月15日(木)に開幕した韓国のオンラインイベント「2021 Play X4」にて、Android向け新作リズムゲーム『DEEMO II』の最新映像を公開した。映像ではプロデューサーを務めるユウ・ミンヤン氏が出演し、本作のストーリーやゲームシステム、配信予定時期に言及している。

 『DEEMO II』は、Rayarkの創立10周年を記念する作品として2019年末に発表されたファンタジーリズムゲーム『DEEMO』の続編である。なお、今回の映像に出演したユウ・ミンヤン氏は『DEEMO』のプロデューサーも務めている。

 ミンヤン氏によると『DEEMO II』の世界で雨に濡れたあらゆる生物は白い花へと変わり、存在が失われてしまうという。主人公の少女「エコー」は、雨から逃れるために命からがら巨大な駅へ逃げ込んでいたようだ。

 駅には雨雲を遠ざける力のあるピアノが置かれており、エコーはピアノを弾くことのできる人型の生物「Deemo」とともに雨を止めるための方法を捜すことになる。ミンヤン氏の説明によると、本作にはリズムゲームだけでなく探索型アドベンチャーの要素も収録されているという。

 リズムゲームの部分ではノーツ数が増加。スピードや譜面のバリエーションも豊富になり、前作『DEEMO』よりも難易度の幅が広がる。また、探索パートではさまざまなNPCと会話可能で、彼らの抱える問題を解決していくと駅や雨に隠された秘密が明らかとなるようだ。

 上記以外では、アニメーション映画のような画面を表現するために手描きイラストの2D背景と3Dキャラクターの組み合わせを活用している点や、NPCとの会話へ世紀末とおとぎ話の要素を織り込んでいる点についても語られている。

 映像の最後でミンヤン氏は「たくさんの小ネタや謎を用意しましたので、自分で解いたり、SNSで話し合ったりしてみてほしい」とコメント。発売予定時期については「順調にいけば2021年末」としている。

(画像はYouTube「《DEEMO II》New teaser」より)

 一瞬だけ表示されていた2Dデフォルメの画面やAndroid以外へのプラットフォーム対応について今回の映像で語られることはなかったが、リリース予定時期への言及でファンの期待値は高まったことだろう。

 Google Playでは本作の事前登録受付を実施中なので、Androidユーザーで興味のある方は登録を済ませて続報を待ってみてほしい。

(画像はYouTube「《DEEMO II》New teaser」より)

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ