講談社のインディーゲーム紹介番組「あなプレ!」2021年10月からYouTubeで配信へ。番組で紹介する作品の自薦応募受付もスタート

 講談社は7月19日(月)、個人および小規模のゲーム開発を支援する新たな企画として、インディーゲーム紹介番組「あなプレ!〜あなたのゲームをプレイするチャンネル〜」をYouTube上で2021年10月から開始すると発表した。あわせて、番組で紹介する作品の自薦応募受付もスタートしている。

 発表によると、今回の「あなプレ!〜あなたのゲームをプレイするチャンネル〜」は同社が展開するミスコンテスト「ミスマガジン2021」との連動企画でもあるという。番組では、コンテストで選ばれたゲームアイドルが応募作品のなかからひとつを実況プレイ。ゲームの優れた点を褒めるとともに、タイトルの販売リンクや開発者のSNSアカウントも紹介されるようだ。

 本番組の主な目的は「知られることが難しい」インディーゲームにおける課題を解決するために、画像やトレーラー映像で伝わらない実際のプレイ感覚を伝える点にある。自身が開発し、権利を所有するものであればデジタル・アナログや発売時期(発売中、発売予定、開発中)に関わらず応募できるようなので、興味があれば応募しておくとよいだろう。

 また、8月1日(日)には、年間最大1000万円の支給と担当編集のサポートを受けられるゲーム開発者支援プログラム「講談社ゲームクリエイターズラボ」の第2期先行登録も開始予定だ。先行登録者には『RPGツクールMZ』の特別体験版プレイコードがプレゼントされる。「好きなゲームを作りたい」人は是非応募してみてほしい。

 本発表に関するリリース文は以下のとおり。

講談社がインディーゲーム実況番組を今秋始動!個人開発ゲームの募集を開始!

講談社ゲームクリエイターズラボは、インディーゲーム開発者への新たな支援企画として「あなプレ!〜あなたのゲームをプレイするチャンネル〜」と題したYoutube番組を2021年10月にスタートします。

「自分の作ったゲームをプレイしてほしい!」というクリエイターからの募集を本日から開始します。

ミスマガ2021と連動して選考したゲームアイドルが、毎回、応募されたインディーゲームの中からをひとつをプレイし実況。そのゲームの良いところをほめまくり、タイトルの販売リンクや開発者のSNSなどを紹介したりする、楽しい番組にします。

インディーゲームの課題のひとつに「知られることが難しい」というものがあります。
この番組を通じて実際のプレイ感を紹介することで、プロモーションの一助となれば幸いです。

募集は本日から開始。自身が開発し権利があればデジタル・アナログどちらもOK。発売中、発売予定、開発中、いずれも可能です。

詳細や応募フォームは下記URLをご覧ください。
https://creatorslab.kodansha.co.jp/gcl/anata-play

また、既報どおり、年間最大1000万円の支給と担当編集のサポートが受けられる、講談社ゲームクリエイターズラボ第2期ラボメンバー募集への先行登録は8月1日に開始予定(募集期間は9月1日から10月31日)。

先行登録者にはさまざまなお知らせが届くほか、「RPGツクールMZ」の特別体験版のプレイコードも無料で進呈します。こちらも併せてご注目ください。

講談社クリエイターズラボHP
https://creatorslab.kodansha.co.jp/

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧