歴史的作家が殴りあう格闘ゲーム『Write ‘n’ Fight』が11月20日発売予定。ムキムキのヘミングウェイやラブクラフト、ドストエフスキーらがガチンコ勝負

 ゲーム開発会社AVOS’は、歴史的作家が殴りあう格闘ゲーム『Write ‘n’ Fight』を開発中だ。対応プラットフォームはPC(Steam)で、11月20日発売予定。

 『Write ‘n’ Fight』は歴史的作家が殴り合う格闘ゲーム。公開されたトレイラーではH.P.ラブクラフトレフ・トルストイフョードル・ドストエフスキーウィリアム・シェイクスピアチャールズ・ディケンズアーネスト・ヘミングウェイなどの姿が確認できる。なぜ生きた時代の異なる彼らが殴り合っているのか、理由は公開されていない。

 オーラをまとうのはともかく、戦闘シーンのほとんどが現実的な殴り合いだ。一方、ラブクラフトの手が伸びたり、ドストエフスキーが『罪と罰』のイメージと思われる斧を使ったりと、ある種の原作再現が行われている点も面白い。文学がお好きであれば、各ファイターの戦闘方法がどんな作品から影響を受けているかを考えるのも面白いかもしれない。

 各ファイターは自分自身のマジックフィールドを短時間展開でき、展開されたあとはファイティングゲームがアーケードゲームになるとされている。展開したキャラクターは「ボス」になるとされているため、大幅にパワーアップしそうだ。トレイラーでも紹介されていないためどのようなゲームプレイになるかは不明だが、ゲームの肝になりそうなシステムだ。

 また、各ステージでは一撃でやられるデンジャーゾーンが設定されている。グラフィック面ではあえて画像を粗くする「レトロモード」が搭載されている。

(画像はSteam『Write ‘n’ Fight』より)
(画像はSteam『Write ‘n’ Fight』より)
(画像はSteam『Write ‘n’ Fight』より)
(画像はSteam『Write ‘n’ Fight』より)

 まだゲームとしては不明な部分があるが、11月発売予定ということで続報もありそうだ。『Write ‘n’ Fight』に興味がある方は、Steamのウィッシュリストに登録して発売をまってほしい。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧